2015年10月22日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

シャッターの種類と選ぶポイントとは?

防犯や強風による窓の破損から守るために、住宅でもシャッターを付けられるケースが増えています。雨戸に比べてデザイン性に優れ、収納がしやすいのも特徴です。シャッターを選ばれる際のポイントを押さえておきましょう。


軽量シャッターと重量シャッターの用途

シャッターには軽量シャッターと重量シャッターの2種類があります。
軽量シャッターは一般的な住宅に、重量シャッターは工場や物流倉庫やマンションの駐車場などに使われます。

『厚木の家』個性あふれるアットホームな住まい

防犯性能を高めたシャッターを選択

様々なシャッターがありますが、選ぶ際のポイントは防犯性能にあります。
古いタイプは、こじ開け、切り破り、錠破りといった対策が不十分です。そうしたことからも、これらの対策を講じた商品を選ぶ必要があります。しかし、軽量シャッターそのものは防犯性能が高くないので、過信せず防犯設備や補助錠を併用するなど侵入盗に対する警戒も必要です。

枚方の住宅

手動タイプと電動タイプを選択する場合の注意点

手動タイプと電動タイプのそれぞれ特性を理解することが大切です。
ガレージに設置するシャッターは、最近ではほぼ電動式になりました。
窓に設置するタイプのシャッターは電動・手動の両タイプあり、予算や使用する頻度、高齢者の方や身体に不自由があるなど、使われる方に応じて選択されると良いでしょう。

秋田の田舎の家

採光の取れるタイプのシャッターなども検討しよう

窓に設置するシャッターには採光や通風が取れる商品もあります。また、ブラインド機能で採光の調整も可能なタイプも登場しています。
下ろしたまま部屋に光が差し込むので、プライバシーも守られます。
新築を購入する際にはシャッターが標準装備されている場合もあり、オプションとして設置される時には価格差を考慮しましょう。

house @ fg

既存の雨戸からシャッターへ

既存の雨戸をシャッターへ変更を検討されている場合には、雨戸を取り外して取り付ける方法と、そのまま残して設置する方法があります。

雨戸を取り外してシャッターを新設する場合には、工事費用や期間が掛かりますが、窓周りも補修するため、雨戸を残すよりも外観的には有利となります。

既存の雨戸を残したまま設置する場合は、費用も安く工事も短期間で済みます。ただし、雨戸がそのまま残るために経年劣化することで外観的に難が出てくる可能性があります。

将来的な計画も立てたうえで、どのように設置するか検討されると良いでしょう。

定期的な清掃、メンテナンス

耐久性に優れている現在のシャッターでも、日常的に使用することで異音や動作不良
といったことが起こりえます。
しかし、普段よりメンテナンスを行うことにより、リスクを低減することができます。
定期的な清掃と動作のチェックを続けることが、シャッターを長持ちさせることにも
繋がります。

WHITE COURT HOUSE


この記事を書いた人

MS513さん

お洒落なカフェやバーでまったりするのが趣味です。
防犯設備、照明器具、インテリアや雑貨に関心を持っています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム1
  • ベッドルーム
  • 外観
  • テラス
  • Dining&Kitchen

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問