2017/06/19更新2like4808viewrela*pooka

実はそっくり!? 昭和レトロは北欧インテリアに意外なほどマッチする!

北欧風のインテリアと聞いて、みなさんは何を想像されるでしょうか。
無垢な木目を活かした家具。シンプルな背景に映えるポップな色使いのテキスタイル……とても素敵ですよね。

でもあえて人と違う個性を演出したい!!そんな時は、ぜひ「昭和」の懐かしいテイストを取り入れてみてください。不思議なことに、これがまたしっくりとはまるんです。前後編2回にわたって、北欧と昭和の意外なマリアージュをご紹介いたします。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ファブリックパネルをチェンジする

壁紙をチェンジする

お次は、私も大好きな昭和レトロ風のデザインを少しご紹介したいと思います。

昭和のテキスタイルに焦がれる

広い面積を覆うのではちょっと主張が強すぎると思う方なら、昭和ヴィンテージ風の花柄のファブリックを食器棚の目隠し代わりにするのも良いかもしれませんね。
数々のレトロな写真をご覧になっていただきましたが、最初に記事を読み始めていただいた時よりもほっこりしたお気持ちになられているのではないでしょうか。次はキッチンツールやテーブルウェアを見ていきたいと思います。

テーブルウェアをチェンジ

キッチンツールをチェンジする

rela*pooka

rela*pooka

北欧と昭和を行ったり来たりの小さな旅、いかがでしたか。日常を彩るファブリック、毎日の食卓・・・くつろぐことも食べることも、欠かすことのできない大切な暮らしの一部です。ここが似ていることが多いということは、本質的な部分での共通点があるからかもしれませんね。後編ではそのあたりにも触れてみたいと思います。

いつものインテリアにちょっとしたスパイスを。ぜひ昭和の感性を取り入れてみてください。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

rela*pookaさん

池袋で13年、小さなカフェ「lamp」を切り盛りしています。

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る