2014年10月29日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

玄関をすっきり見せるシューズクローク

我が家の顔となる玄関。お客様を快くお迎えしたり、帰ってきた家族をホッとさせたり。
家の中ではいつもキレイにしておきたい所の一つでしょう。靴を脱ぐという風習のある日本において、脱いだ靴は下駄箱に収納してきました。家具としての下駄箱はデザイン性も機能性も充実しているものもありますが、収納力のあるものとなると玄関隣のシューズクロークではないでしょうか。ついつい散らかりがちな玄関を、すっきり見せるシューズクロークの魅力をいくつかご紹介していきます。

1 お気に入り追加 35909view

玄関の部分です。下駄箱もなく、非常にすっきりとしており、目線は必然的にまっすぐ先のリビングダイニングへと続きます。靴の収納はというと、玄関の左側。

引戸のいえ (廊下4)

玄関入ってすぐ左手にシューズクローク。下から上まで棚を設け、大容量の収納スペース。床は玄関続きの土間ですので、少しくらい水がついても大丈夫。

引戸のいえ

スポットライトを浴びて、まるで靴屋さんのスペースのような一角。扉付きのシューズクロークなので、見た目もニオイも気になりません。

Zig Zag


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • LDK-1
  • キッチン(パントリー)
  • リビング
  • キッチン
  • ダイニングキッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問