2018/06/22更新2like2671viewさくらゆきの

その靴どうやって片付ける?玄関を快適に使える靴収納

玄関の収納スペースに、靴をどのようにしまっていますか?置けるスペースには限りがあるのに、どんどん増えていく靴……。なかなか捨てることもできずに、箱に入れてクローゼットなどに片づけたまま忘れ去った経験は、誰しもあるのではないでしょうか。
そんなことにならないように、快適に使えて美しく収納できる方法を考えていきましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

靴をしまう時に気をつけたいこと

玄関先に溢れかえるたくさんの靴。つい無造作にしまって、気がついたらカビが生えて傷んでしまった、という経験はないでしょうか。

靴は足からの汗を、一日約コップ一杯分も吸っていると言われています。風通しのいい場所でよく乾かし、汚れを落としてから収納しましょう。2日連続で同じ靴を履かない、ということも大切です。こうすることで、カビだけではなく悪臭の発生も防ぐので、玄関の環境を爽やかに保つことができます。

早く乾かしたい・臭いをどうにかしたい!という時は、靴用の乾燥機を使うのも効果的です。場所もそんなに取らずに置いておけるものなので、1台あるととても便利ですよ。

オープンに見せる靴収納

靴収納には湿気が大敵です。扉のある収納ではどうしても気になる……という方は、思い切ってオープンに見せる収納にしちゃいましょう。

こちらでは、可動式の棚を使って靴を見せながら収納しています。オープンラックに置くことで通気性もよく、履きたい靴がすぐに見つけられるというメリットがあります。小さな子供も、自分で靴を選んで取ることもできますね。

ブーツを収納する時は棚の高さを変えればよいので、種類問わず収納することができます。下の段を大きく確保しておくと、掃除もしやすいですし、靴を取る時にかがまなくていいのでおすすめです。

収納力のあるウォークスルークローゼット

とにかく靴や小物が多い方に参考にしてほしいのがこちら。玄関横にウォークスルークローゼットを設けることで、靴以外にも外出時に必要なアウターやバッグ、ベビーカーなどを収納することができます。

こちらクローゼットは、収納棚を中心に回遊できる設計になっているので、家を出る前にウォークスルークローゼットをぐるりと一周すれば、外出に必要なものをスムーズに準備できる優秀動線になっています。

斜めに収納して省スペース

少しでも奥行きをなくしたい場合は、靴を斜めに収納するのはどうでしょうか。
靴がたくさんあるのに、玄関スペースが狭いため、全てを収納できる靴箱が置けない……という場合にもってこいのアイデアです。

風通しの良さにこだわった靴収納

通気性のよいルーバー扉のシューズボックスです。見せる収納にするのは片付けが面倒…でも湿気や臭いも気になる…という方におすすめの靴収納です。こちらは、下段の板が抜かれているため、背の高いブーツもストレスなく収納できる配慮がなされています。

見せない靴収納

こちらは扉がある一般的な靴収納です。多くの家では、このタイプのシューズボックスを使用しているのはないでしょうか。
メリットとしては靴が見えないため、すっきりした玄関になります。デメリットとしては、やはり湿気がこもり臭いが気になるということですよね。臭いや湿気対策のため、除湿・脱臭剤を入れたり、ときどき扉を開けて換気するようにしましょう。
こちらの玄関は、靴箱と反対側の壁側に手すりや可動式の腰掛を設置してあり、靴を取り出した後もスムーズに履きやすい環境となっています。高齢の方にも、使いやすいように配慮された玄関です。
玄関はその家の顔となり、お客様の第一印象が決まる場所でもあります。すっきり片付いた爽やかな玄関から、お気に入りの靴を履いて出かけると、その日1日が上手くいきそうな気持になれますよね。靴の収納と玄関の環境について、改めて見直してみませんか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る