2015年02月13日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

IKEA(イケア)を使った玄関の靴収納@スウェーデン

外国では家の中でも靴を履いたまま生活をすると言われていますが、全ての国でそういうわけではありません。北欧スウェーデンでは日本と同じように玄関で靴を脱ぎます。ということは、玄関に靴を置くスペースが必要となります。
スウェーデン家庭でのイケアを使った靴収納について見ていきますね。

1 お気に入り追加 17184view

まず、目についたのが日本でも人気のTronesシューズキャビネット。3個セットで売られており、奥行が浅いのが特徴です。
こちらのお宅では3個を縦にくっつけて。すっきりモノトーンに仕上げています。

styleroom

出典:styleroom

こちらでは玄関から少し離れた場所に横長に設置。中には靴の他に帽子や手袋、マフラー等も入れているそうです。

styleroom

出典:styleroom

こちらでは一個ずつ離して設置。飾り棚のように、上に色々と物を置けるので便利ですね。

styleroom

出典:styleroom

右にあるのがシェルフユニットのExpeditシリーズ。中には左の棚(これもイケアらしいですが現行品ではないようです)に収まりきれない靴と冬の帽子などを収納しているそうです。こちらのお宅もモノトーンですっきりとしていますね。

styleroom

出典:styleroom

こちらのお宅もExpeditを使っています。横向きに設置して、ベンチ替わりに。
左の棚はイケアのカタログを見たところBissaシリーズに似ています。Sko(スウェーデン語で靴、の意味)は自分でペイントされたそうです。

styleroom

出典:styleroom

リビングルームの収納ユニットとして販売されているBESTÅシリーズを玄関の靴収納に使っている例です。おそらく奥行40センチのシリーズだと思います。これだとたっぷり収納ができそうですね。中からのライトがきれいです。

styleroom

出典:styleroom

もっと大容量の収納を玄関に入れられた方も。こちらはワードローブ収納用のPAXシリーズを使用。寝室用として作られているシリーズですが、確かに大容量です。オーナーさんによると信じられないくらい収納できる!とのことです。

styleroom

出典:styleroom

こうやってみると〇〇用の収納だから!などの固定観念にとらわれず、自由にイケアを使いこなされていますね。スペースに合った収納アイテムを上手に選んで配置すること。見習いたいところだと思います。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングルーム
  • リビングルーム
  • ダイニング
  • サニタリー
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問