2014年07月31日更新

インテリア(家具)

イームズのシェルサイドチェアが主役

チャールズ・イームズ&レイ・イームズ夫妻は、1950年代のアメリカを代表する建築デザイナーであり、家具デザイナーです。
ミッドセンチュリーモダンと呼ばれる数々の作品を世に送り出しており、中でも「シェルサイドチェア」は住宅でもよく使われています。プラスティックの一体成型の座面に、スチールのエッフェルベースが取り付けられた特徴的なデザインです。
「シェルサイドチェア」のコーディネート実例を海外画像を中心にご紹介します。


白のキッチンとダイニングテーブルに映えるポップな「シェルサイドチェア」。
楽しい食事時間が過ごせそうです。

apartmenttherapy.com

出典:apartmenttherapy.com

クラシカルな雰囲気の内装にスタイリッシュな「シェルサイドチェア」をコーディネート。
古きものと新しいものをミックスしながらも調和がとれた空間。

remodelista.com

出典:remodelista.com

古材のテーブルにも、レトロモダンな「シェルサイドチェア」はマッチします。
木質系のインテリアに異素材を組み合わせる上級者テクニック。
壁面のアートにピンクを用いて、ピンクの椅子との調和が図られています。

mila-loveology.blogspot.jp

出典:mila-loveology.blogspot.jp

メープルレッグタイプの「シェルサイドチェア」。
プラスティック、スチール、木の異素材をミックスさせた椅子が、白を基調とした空間に溶け込んでいます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

最後に日本のコーディネート実例をご紹介。
ナチュラルなアイテムでまとめられた空間にも、異素材の「シェルサイドチェア」はマッチしています。

引戸のいえ


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 小さな森のアトリエ_LDK2
  • リビング1
  • 畳下収納
  • キッチン
  • 家電収納棚とコンロ側

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問