2015年02月19日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , リフォーム・リノベーション(HOW TO)

おしゃれ過ぎるシェアハウスから学ぶ!人の集まる空間づくり

海外では昔から他人と家をシェアすることが当たり前に行われていましたが、最近は日本にもシェアハウスと呼ばれるルームシェア用の家が増えてきました。シェアハウスでは、キッチンやリビングを住人みんなで共用するのですが、びっくりするほどオシャレな内装の物件が多いんです。みんなで料理をしたり、ゲームをしたり、ホームパーティーなども気軽に開催できるように、人が集まりやすい工夫が詰め込まれているためです。家族が多い方や友達を家に呼ぶのが好きな方にとっては、きっと参考になるようなヒントが隠されているはず。シェアハウスからアイディアを盗んでしまいましょう。


アイランドキッチンは周りを囲むように人が立つことができるため、共同作業がしやすいという特徴があります。テーブルがついているタイプなら、料理を食べている人と作る人で会話を楽しむこともできます。

シェアハウス (シェアハウス)

リビングにビリヤード台が置かれています。個人の自宅に置くのは難しいかもしれませんが、代わりにダーツの的を設置したり、大勢で出来るゲームなんかがあると楽しめそうです。

sharepare.jp

出典:sharepare.jp

ダイニングとソファースペースは段差によって空間分けされていて、ソファーのある場所は一段低くなっているので程よいお篭り感があります。たったこれだけの事でも、より一層くつろげる雰囲気になりますね。

sharepare.jp

出典:sharepare.jp

窓際にハンモックチェアが下がっていたり、広々としたソファーやバーカウンターが設けられているなど、個々の気分に合わせた居場所を選べるようになっています。自分のお気に入りのスペースを選べるのがいいですね。

REAL STYLE

出典:REAL STYLE

天窓がついているので、昼間は明るい日差しが降り注ぎ、夜は月明かりを楽しめます。柔らかなラグが敷かれているので、自然光の下で寝転がることだってできちゃいます。

social-apartment.com

出典:social-apartment.com

大きな壁かけのテレビを囲むようにソファーや椅子が置かれているので、みんなでDVDを見るのも盛り上がりそうです。ホームシアターを設置するのもいいかもしれません。

social-apartment.com

出典:social-apartment.com

日本ならではの文化である、畳の上でくつろぎたいという方も多いのではないでしょうか。リビングの一角に造られた小上がりは、真っ赤な壁が印象的な和モダンインテリアに仕上がっています。これなら自然と小上がりに集合してしまいそうです。

wabisabihouse.jp

出典:wabisabihouse.jp


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • リビング1
  • LDK
  • 窓側からみたLDK
  • キッチン

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問