2016年10月02日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

道行く人も楽しませる!シンプルながらもオリジナリティのある外観とは

デザイン性はもちろん、変形地や住宅密集地などの土地事情により、最近は随分個性的な形の家が増えたように感じます。アイデア満載の斬新な家は家主だけでなく、道行く人々も楽しませてくれますよね。今回は、そんな「家の形」に着目してみました。


三角

屋根の形で、家の外観は随分変わります。
定番中の定番ともいえる三角屋根の家。切妻屋根の形は雨漏りしにくいともいわれています。

こちらの三角屋根の家、外向きの開口部が少なく白と黒だけというシンプルな色使いにより、スタイリッシュに仕上がっています。

ハコノオウチ01・住宅密集地での箱型住宅
K-Water プールのある家
K-Water プールのある家
Y.SOHO スモールオフィスのある家
H×4 旗竿敷地の家

四角

屋根に勾配がなく、デザインによっては屋上庭園などを楽しむこともできる四角い家。
シンプルな形状なので、地震対策に適しているといわれます。

こちらは、キューブに足が生えたような可愛らしい外観で、シンプルながらも目を引きます。

裏庭へつながる外部空間を持つ外観-夕景
ロフトスペースからの見下げ
引き戸を開放するとワンルームに
ロフト下は引き戸を閉じると個室空間に
2階の生活空間

こちらの家は、四角い箱を積み重ねたような珍しい形です。
外側に開口部を設けず箱をずらすことで、上下へ開口部を設け、光や風を取り込む工夫がされています。白い箱がライトアップされると、家全体が灯篭のように浮かび幻想的ですよね。

外観1
外観2
外観3
夕景2
玄関

片流れ

太陽光パネルの設置、ロフトづくりなどにも適している片流れの屋根。
デザイン性も高く、比較的コストを抑えられるため人気のようです。

こちらは片流れの形だけでなく、その色合いも特徴的ですよね。
鋭角のある形に黒い外観がシャープで男前な印象を与えます。

ウッドデッキのある平屋
光と風を感じるウッドデッキ
全体を眺める-close
全体を眺める-open
アクセントカラーの扉と和室

丸みのある形

重厚なコンクリート素材でも、円形状につくると柔和な印象を受けます。
四角い建物が多い中、曲線を描く壁のある家は逆に存在感があります。

重厚感のある円形の外観-1
重厚感のある円形の外観-2
屋上
落ち着きのある大人リビング
スタイリッシュな和室-1

外壁の曲線は内側にも影響します。
曲線のある部屋には奥行きが生まれ、直線よりも広さを感じさせてくれます。
同じ部屋でもカーブの奥側は視界に入りにくいため、入り口から見えにくい位置が少々散らかっていても気づかれないというメリットもあります。

リビングダイニング
リビングダイニング
ゆるやかに仕切られた空間
ゆるやかに仕切られた空間
玄関へのアプローチ

中庭を囲む形

風通しを良くしつつ、プライバシーも確保したい時には中庭を検討する方も多いのではないでしょうか。そんな中庭を囲む家の形も色々ありますが、こちらは馬蹄形。
施主さんのリクエストにより作られた個性的な形になっています。

外観
玄関ホール

縦に長い家

都心の住宅では広い敷地の確保は難しいものです。
狭小地で床面積を確保するとなると縦に長い形が最適のようです。
3階建てや地下など、狭小ならではの階層は魅力の一つでもあり、また間取りの配置にもバリエーションが生まれます。

キッチン
細長いリビング
細長い浴室

注文住宅事例

神楽坂の家

2000万円、71㎡

こちらは縦に長い建物を2つ並べて建てられています。
廊下を挟んで建物を2つに分けることで、二世帯住宅でありながら程よい距離感を保つことができます。家の形を考えることは、一緒に住む家族とのつながり方を考えることにもなるのです。

階段
ロフト
通路
リビングルーム
通路

週末住宅ならではの形

週末にゆったり過ごす家はやはり外観から心躍る何かをプラスしておきたいものです。
こちらは地中海のリゾートをイメージして建てられた別荘。海外旅行に来たような雰囲気さえ感じられますよね。

海に溶け込むバニシングエッジのプール
週末の主を迎える癒しの水音

この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた写真

  • アイランド式キッチンダイニング
  • 米松縦張の玄関ドア
  • リビングダイニング
  • 外観3
  • 家事室兼ウォークインクローゼット

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?