2015年08月11日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

和室の概念を覆す?!遊び心を取り入れた和の空間

「静寂さや落ち着きをもたらす空間」というのが和室の役割だと考える方が多いので、和室というと色味が抑えられ地味な印象になりがちです。しかし、少しの工夫と組み合わせで和室は今までの質感から、遊び心が感じられる空間にガラリと変わります。


市松模様で空間にリズムを

市松模様が和室に心地よいリズムをつけています。床の間の壁と同色にした事で、市松模様のリズム感が和室の静寂な質感を損なう事無く、遊びを取り入れる事が出来ています。

対岳荘

出入口の形でカジュアルに変化

和室出入口を船首型に!この船首型の効果で静けさのある落ち着いた古典的な和室でありながら、空間が少しポップなものに変化しています。

常盤平の家

華やかさをプラスする

大胆に施された絵が和室をモダンに演出しています。単色で繊細な線が描く花の絵は、和室の趣ある空間を邪魔することなく華やかさのある空間に仕上げています。

HOUSE IT

異質な組み合わせによる相乗効果

無機質で無骨なコンクリート壁と柔らかい印象の畳という異質な組み合わせですが、コンクリート壁のスッキリとしたクールな質感が和室の静寂さをより一層際立たせています。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

憩いと寛ぎの空間活用

デッドスペースになりがちな場所を憩いのスペースとして活用しています。あえて畳を用いて和室にする事で、寛ぎの空間が演出されています。

器屋のある住まい

プリーツスクリーンの陰影が魅せる空間に

プリーツスクリーンが印象的な和室です。パープルという色味が強く印象に残るものの、蛇腹の折り目が陰影にリズムを付けており、遊びが演出されています。

『西条の家』中庭のある家

間仕切りが心地よい陰影をもたらす

和室との間仕切りに縦型ブラインドを取り入れたことにより、きっちりと部屋を分けるのでは無く、曖昧な空間のつながりが畳に遊びのある陰影をもたらせています。

『350 WASABI』和の素材がピリッと際立つモダンな空間


この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

最近お気に入りされた事例写真

  • らせん階段のあるリビング
  • カウンターキッチン本棚
  • 梁と外壁の間のデッドスペースも棚収納に
  • リビング
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問