2016年03月01日更新

インテリア(DIY)

経費削減&思い出作りに♡住人も工事に参加するリノベ

近頃はDIYを趣味にしていたり、セルフリノベーションで自宅を改造する方々が増えていますが、専門の業者さんに任せるリノベーションの際にも自分の技術を活かしたいと思われる方が多いようです。やれるところは自分でやることで経費削減にもなりますし、子供たちが参加できるようなものなら思い出作りにもなります。実際にどんな風に住人がリノベに関わることができるのか、実例を見てみましょう。


壁に貝殻の装飾

壁に珪藻土を塗り、丸型の鏡に合わせて家族みんなで綺麗な貝殻やシーグラスを埋め込んで装飾した洗面所です。鏡を見るとふとした瞬間に楽しい思い出が蘇りそうですし、見た目も個性的でおしゃれです。

H邸・ハンモックのゆれる、光と風のリビング

DIY家具が活きる家

こちらのダイニングテーブルやキッチンはDIYが得意な施主が自ら作ったものなんだとか。元からあるものを活かせばそれだけ費用も抑えられる上に、リノベーションの際には家全体のテイストも合わせてもらえるので自分らしさの出た素敵な家になります。

S邸・DIYを楽しむ!

DIYの飾り棚

家具を自分で作るようなDIYは無理でも、飾り棚なら板と金具のブラケットがあれば簡単に設置することができます。釘を打つ際には構造上、向き不向きな壁があるので工事の時に業者さんに相談しておけば適した場所を教えてくれるはずです。

横浜市F邸~Colmena~

タイルの施行

真っ白なタイルが素敵なバスルームですが、こちらの床と壁のタイルはDIYで施行されたそう。タイルを一つずつ並べて目地で埋めていく作業なので根気は入りますが、慣れてしまえば意外と上手にできるものです。これなら施行費用も削減できますね。

自分で作るベニヤの家

セルフペイントの壁

リノベーションの際に壁を自分の好きな色に塗ることもできます。全室は無理でも、一部屋だけでも手がければ思い入れのあるものになりますし、飽きたらまた色を変えたりするのも手軽に出来て楽しそうですよね。

港区I邸_無骨さが心地よい

珪藻土の壁

最近自分たちで施行する例が多いのが、壁に塗る珪藻土です。コテやゴムベラを使って塗るのですが、多少の塗りムラが出ても味になりますし、自然素材なので危険もなくて素人でも扱いやすいのが魅力のようです。

珪藻土や断熱塗料をDIYで塗装。暮らしに合わせてつくっていく家

手形で思い出作り

玄関の土間を作る時に、子供たちが自分の手形とイニシャルを入れるという事例です。時が経って子供が成長した時に小さかった頃の自分の手形と比べたりもでき、いい思い出になりそうです。

船橋S邸 (玄関土間に手形を押す子供達)


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • 通り土間
  • パウダールーム
  • 広々としたワンルーム
  • 木目美しい玄関ドア
  • 都市型住宅

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問