2018/09/17更新0like649viewSodan[ソダン]

マンションの修繕積立金ってどんなもの?相場はどれくらい?

これからマンションを購入予定のみなさま。マンションの「修繕積立金」について、きちんと理解できていますか?毎月支払うことになるため、「こんなにかかるとは思わなかった・・・」とならないように事前にきちんと理解しておきしょう。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

マンションの「修繕積立金」ってどんなもの?

マンションを購入すると月々必要になる「管理費」と「修繕積立金」。それぞれ、どんな目的で支払っているのかご存知でしょうか?

「管理費」とは、エントランスやエレベーターホールなどの清掃、樹木への水やり、廊下などの電気の点検や交換、ゴミの分別など、共有部の管理をしてくれている管理人への人件費や、共有部分にかかる光熱費などの諸費用のために毎月支払うお金のことです。こちらは、何となくイメージがつくという方も多いのではないでしょうか。


一方、「修繕積立金」とは、将来の大規模修繕に備えて毎月積み立てをするお金です。

とはいえ、新築や築浅のマンションの購入を検討されている場合、修繕といわれてもあまりピンとこないかもしれませんね。現在は新しくて不自由のないマンションも、年数を重ねるにつれ外壁が剥がれるなど少しずつ劣化していきます。

また、エレベーターなどの機械設備は定期的なメンテナンスが必要です。このように、共有部分への将来的な修繕に備えて、今から積み立てをしていくというわけですね。

修繕積立金の相場はどれくらい?

さて、毎月支払う必要のある修繕積立金ですが、いくらくらいが適正なのかを判断するのは難しいものです。とはいえ、ある程度相場がわかれば、自分たちが購入予定のマンションの修繕積立金が高いのか安いのか?を判断することはできますよね。

実は、国土交通省が「マンションの修繕費のガイドライン」として、修繕費の目安の算出方法の考え方を示してくれています。

【修繕積立金の額の目安】

(算出式)Y=AX(+B)

Y:購入予定のマンションの修繕積立金の額の目安
A:専有床面積当たりの修繕積立金の額(下表)
X:購入予定のマンションの専有床面積(㎡)
B:機械式駐車場がある場合の加算額

となります。

Aの部分に関しては、以下の通りです。
なお、20階建て以上のマンション(いわゆるタワーマンション)の場合は、通常のマンションと比較して、共用部が広いことや外壁の修繕などには特殊な足場が必要になることもあり、修繕費が高くなる傾向にあるようです。

これらを踏まえて、たとえば10階建てかつ延床面積が9,000㎡のマンションで、一般的なファミリータイプの間取りである70㎡前後の部屋で計算すると以下の通りです。

この場合、A=202円、X=70㎡となりますので、202円×70㎡=14,140円/月が一つの目安となるというわけです。

ただし、都市部のマンションであれば機械式駐車場のところも多いですよね。では、Bはどのように計算すれば良いのでしょうか?

機械式駐車場の修繕積立金は、以下を参考に算出することが可能です。※機械式駐車場の修繕工事費を駐車場使用料収入で賄う場合は、Bは不要となります。
機械式駐車場の場合、駐車場1台当たりにかかる工事費の目安が出ています。とはいえ、単純に上記の額をご自身が支払うわけではありません。

駐車場の台数はマンションごとに異なりますし、部屋ごとに延床面積も違いますよね。そのため、以下の順で自身の支払うべき修繕工事費を算出することになります。


1.マンションで保有する全駐車場の工事費を算出
2.上記を各自の延床面積に応じて案分


前述のマンションに機械式駐車場が2段昇降式で30台設置されていた場合、マンション全体としては7,085円×30台=212,550円が必要となります。これを延床面積で案分するため、212,500円×70㎡/9000㎡=約1,653円/月となります。
つまり、前述のマンション(駐車場有り)の場合、修繕積立金の目安は14,140円+1,653円=15,793円/月となるというわけですね。
いかがでしたでしょうか?このように修繕積立金の目安を算出してみると、新築時の修繕積立金はずいぶん少ないように感じる方が多いかもしれません。

しかし実際には、少しずつ修繕費を値上げする「段階増額積立方式」が採用されているケースも多く、将来的には修繕費が増額されると思っておいたほうが良いかと思います。

そのため、購入を検討されているマンションの修繕積立金が安いからと安易に喜ぶのではなく、将来的な値上がりに備えてしっかりと備えておくことをお忘れなく!
お気に入りに追加

この記事を書いた人

Sodan[ソダン]さん

住宅購入やリフォームによるお金の悩み。
Sodanのお金の専門家(ファイナンシャルプランナー)に【無料】でご相談いただけます。
その他、役立つマネー情報を発信中!

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る