2017/07/13更新0like1009viewSodan[ソダン]

わが家は転勤族。マイホームを購入するのはもったいない?

結婚して5年……そろそろマイホームが欲しいけれど、夫は転勤族。家を購入した直後に転勤!なんてことになったら、もったいない気もするし……。そんなお悩みをお持ちの方に、転勤族のマイホーム購入について、コラムを書きたいと思います。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

転勤族がマイホームを購入する際の考え方

「マイホームを購入した途端、転勤の辞令が出た……。」周囲でそんな悲惨な話を聞いたことはありませんか?

おそらく、転勤が多いご家庭にとっての悩みの一つが、「マイホームを購入するか否か」なのではないでしょうか。では、転勤が多い方は、マイホーム購入に関してどのように考えれば良いのでしょうか?
まず、転勤の定義を考えてみましょう。「海外への転勤もあるのか?」「日本国内での転勤なのか?」「同じ都道府県内など、転勤とはいえ自宅から通勤可能な範囲での転勤なのか?」など、お勤め先の規模や業務内容次第で転勤の定義も異なります。次に考えることは、転勤になった場合、「家族も付いていくのか?」「単身赴任になるのか?」ということです。「どこへ転勤になったとしても、家族が付いていく」という選択肢もあるでしょうし、「国内だったら付いていく」とか「奥さんの実家の近くだったら付いていく」など、条件付きの場合もあるかと思います。このように、ご家族全体の考え方次第で、転勤族がマイホームを買う際の難易度が大きく変わってくるのです。

転勤族のマイホーム購入、その判断基準とは?

では、転勤族であってもマイホームを購入するのに問題ないのは、どんな場合でしょうか?

それは、「仮に転勤になった場合、ご主人が単身赴任」というパターンにご家族が同意している場合です。この場合は、仮に転勤になってもご家族は家に残るわけですので、マイホームを購入しても問題ありません。逆に、家族が転勤先に付いていく可能性がある場合は、焦ってマイホームを購入するのは注意が必要です。とはいえ、お子さまが小学校や中学校などへ進学するタイミングは、最初は家族で付いていくつもりだったご家庭も、結局はご主人だけが単身赴任になることも珍しくありません。その理由として、「転校させるのは可哀想」や「私学に進学したので、そもそも転校というのは現実的ではない」などといったことが挙げられます。このように、子どもの学校がある程度固まったタイミングであれば、(ご主人が単身赴任をするという覚悟は必要ですが……)マイホームを購入しても良いのかもしれませんね。

転勤族のマイホーム、購入時の注意点とは?

転勤族の方がマイホームの購入を検討する場合、ぜひ意識しておいて欲しいのが「勤務先の住宅手当」です。転勤が多い勤務先の場合、住宅手当が充実していることも珍しくありません。よって、「住宅手当がなくなったら、マイホームを購入しよう」と考えている場合、「マイホームを購入すると、手当がなくなるのか?」「賃貸暮らしのままの場合、住宅手当はいつまで支給してもらえるのか?」といった、住宅手当の支給要件をきちんと確認するようにしましょう。なお、支給期間が5年といったように期限が決まっていても、転勤の度にリセットされるケースもあります。この場合、転勤がある限り住宅手当が支給され続けるので、金銭面だけで考えると、家族で付いていって賃貸暮らしをするほうが得かもしれませんね。

また、子どもが学校に上がるまでは単身赴任、子どもの手が離れたら転勤先に後から妻が合流という計画も聞きますが、実際にはそのまま単身赴任状態が続いているというお話をよく聞きます。ご主人の単身赴任中に、残った奥様にはすでに地域のコミュニティが構築されています。よって、子どもが巣立ったからといって、そのコミュニティから抜けるのは難しいのかもしれませんね。

なお、「転勤になったらご主人は単身赴任」と家族で合意がとれている場合、マイホームを購入する際は、一般の方と同じく、老後もそこに住むのか?ということを軸に立地などを決めると良いでしょう。転勤族だからといって、一般的に一軒家よりも売却しやすいと言われているマンションにするべきとも限りません。子育てしやすい環境であるか?老後安心して住むことができるのか?など、“転勤族”ということをあまり意識しないで検討することをおすすめします。

いつマイホームを買うのか?は、各ご家庭のライフプラン次第です。ご家族に最適なタイミングを確認したい方は、一度FPにライフプラン相談をしてみてはいかがでしょうか?
お気に入りに追加

この記事を書いた人

Sodan[ソダン]さん

住宅購入やリフォームによるお金の悩み。
Sodanのお金の専門家(ファイナンシャルプランナー)に【無料】でご相談いただけます。
その他、役立つマネー情報を発信中!

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る