2017年01月11日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

家を購入するならマンションと一戸建てどっちがいいの?

マイホームの購入を検討する際に、「マンションにするか?」「一戸建てにするか?」悩まれる方も多いのではないでしょうか。セキュリティ、駅からの近さ等を考慮するとマンション。隣近所との騒音問題や収納スペースを考慮すると一戸建て。それぞれ良い部分が違いますよね。今回は「お金」の観点からマンション、一戸建ての比較をしてみたいと思います。それぞれ差が出るポイントを解説しますので、皆さんの状況に合わせてチェックしてみてください。


固定資産税を比較

土地と建物それぞれにかかってくる税金です。
結論から言うと、一戸建ての方が安くなることが多いようです。

<建物>
一般的には木造が多い一戸建てと鉄筋コンクリートのマンション。
鉄筋コンクリートのマンションの方が、耐用年数が長いため(長持ちするため)評価額が高くなり、結果的には、課税額が多くなります。

<土地>
土地に関しては、「軽減措置」を利用することにより、マンションと一戸建て、あまり差がでません。

マンションの場合、2階、3階と上層階があり、自身の部屋の延べ床面積と土地面積は異なります。
マンション自体の土地面積を、全居住者の区分所有割合に占める自身の区分所有割合を按分することで土地割合を算出することができるため、部屋面積が同一であれば一階でも最上階でも土地割合は同一となり、一戸建ての住宅用地に比べ小さくなる傾向があります。

一方、一戸建ての住宅用地であれば、200㎡以下の部分を「小規模宅地」と呼び課税額が1/6に軽減されます。
200㎡≒66坪ですので、都市部でいえば相当の大豪邸以外は超えることはないですね。

駐車場を比較

マンションでは駐車場使用料がかかることが珍しくありません。
一戸建ての場合、敷地内に駐車スペースがあれば駐車場の料金は不要です。
お車をお持ちの方には、見逃せないポイントかもしれません。

修繕費・管理費を比較

マンションはローンの支払いとは別に、毎月修繕費や管理費を納める必要があります。
マンションは外壁の塗替えや建物の修繕を行う場合、毎月納めている修繕費の中から支払いが行われますが、一戸建ての場合、家屋の塗り替えや修繕は、その都度実費で行う必要があります。

毎月修繕費や管理費を納める必要がないため、一見すると一戸建ての方が安く済むように思うかもしれませんが、修繕で発生した金額が全額自己負担となるわけです。

また一戸建ての場合、マンションの様に管理人がいるわけではないため、
玄関前の掃除やゴミ捨て、樹木の剪定と言った事も全部自分でやらないといけないといけません。

マンションは管理費を納めていることにより、玄関前の掃除等は行ってもらえるので、その点は楽ですよね。

光熱費を比較

見落とされがちな光熱費。
鉄筋のマンションと比較すると、木造の一戸建ては熱効率が悪く、冬の暖房代が増えがちです。

このようにマンションと一戸建てで購入前と購入後、それぞれ多くかかってくる費用が異なります。

一生に何度もない住宅購入。後悔の無い決断をなさって下さい!


この記事を書いた人

Sodan[ソダン]さん

住宅購入やリフォームによるお金の悩み。
Sodanのお金の専門家(ファイナンシャルプランナー)に【無料】でご相談いただけます。
その他、役立つマネー情報を発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 1階のワークスペース
  • 食堂
  • 浴室・洗面・トイレ
  • ダイニング 和室
  • 外観2

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問