2017/07/27更新2like2041viewSodan[ソダン]

固定資産税が倍増!?意外と知らない固定資産税の割引とは?

「マイホームを購入して数年経ったら、急に固定資産税が増えた」なんて話を聞いたことはありませんか?これには、固定資産税の減免措置が関係しています。そこで今回は、これからマイホームの購入を検討している方や新居を購入したばかりの方向けに、固定資産税の減免措置とその備え方についてのコラムをお届けしたいと思います。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

固定資産税の増額とは、いったいどういうこと!?

持ち家の方にとって、固定資産税は大きな負担の1つですよね。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、新築で住宅購入された方は一定の要件に基づいて固定資産税が減免(減額)されています。そして、この減免措置が終わると、納付額が上がることになります。これが、固定資産税の増額のカラクリというわけですね。

なお、固定資産税は土地と家屋(建物)それぞれにかかってきます。では以下で、それぞれの減額内容を確認してみましょう。
1.土地
土地に関しては、200㎡以下の住宅用地であれば6分の1になります。また、200㎡を超えた部分に関しても、住宅用地であれば3分の1になります。とはいえ、都市部で200㎡を超える土地に住んでいるという方は珍しいので、ほとんどの方が6分の1になっていると考えていただければ良いかと思います。なお、土地部分の減免に関しては特に期間が定められていません。そのため、途中で土地部分の固定資産税が上がるということはありません。ただし、住宅用地でなくなった場合は、この減免措置は受けられなくなりますのでご注意ください。

2.家屋
一定の要件を満たす新築住宅の固定資産税額は、原則3年(認定長期優良住宅は5年)まで2分の1になります。(※3階建て以上の耐火・準耐火建築物は、期間が+2年延長されます。)言い換えるならば、その期間を過ぎると固定資産税額は倍増することになります。つまり、「固定資産税額が上がった!」と感じるのは、この家屋部分にかかる固定資産税が影響しているということですね。

そもそも固定資産税はどのように計算されているの?

さて、そんな固定資産税ですが、そもそもどのように計算されているのでしょうか?

固定資産税を計算するにあたって、まずはお持ちの土地・家屋の評価額を決める必要があります。この税額計算のための基準値を「固定資産税評価額」といい、固定資産税評価額に1.4%を乗じた金額が「固定資産税額」となります。前述の減免措置がある場合は、この固定資産税額から減額されることになるわけです。

では、そんな固定資産税評価額ですが、街中の不動産価格とは異なることをご存知でしょうか?

市町村(※東京都23区は東京都)が金額を決めており、一般的に売買価格の70%程度になっているようです。ただし、固定資産税評価額は3年に1度くらいのペースでしか見直しが行われていないため、大きく不動産価格が下落した場合は街中の不動産価格と逆転する可能性もあります。

また、固定資産税評価額はあくまで固定資産税を計算するための評価額です。そのため、相続税や贈与税の場合は「路線価」という別の指標で不動産の価値を評価します。なお、基本的には「路線価」>「固定資産税評価額」となります。

固定資産税の増額に対する備えとは?

固定資産税が上がることは決して嬉しいことではありませんが、あらかじめ時期が分かっているので対策が立てやすいですよね。では、固定資産税の増額に対して、どのように備えておくのが良いでしょうか?

一番良いのは、増額分をきちんと手元に残しておくことです。とはいえ、前もって増額のタイミングが分かっていても、準備が難しいこともありますよね。そんな場合は、固定資産税の特性をうまく利用しましょう。固定資産税は、一括納付だけでなく年4回の分割納付もできます。分割納付であれば、ボーナスなどをうまく利用することで、預金残高が厳しい時も対応できますよね。また、お住まいの自治体がクレジットカード決済を認めている場合は、クレジットカードもうまく利用してみてくださいね。

そして、増額に備えてその他の出費を削れるか?も確認したいところですよね。まずは、ファイナンシャルプランナー(以下、FP)に家計の収支状況をチェックしてもらうのも1つの手かと思います!Sodan[ソダン]でもFPに無料で相談できるサービスをご用意しておりますので、こちらもあわせて利用してみてくださいね。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

Sodan[ソダン]さん

住宅購入やリフォームによるお金の悩み。
Sodanのお金の専門家(ファイナンシャルプランナー)に【無料】でご相談いただけます。
その他、役立つマネー情報を発信中!

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る