2017/04/04更新0like5003viewari*

やっぱり落ち着く和のしつらい。モダンな琉球畳を取り入れた家

やさしいイグサの香り、そのままごろんと寝っころがれる気楽さなど、フローリングとは違う魅力のある和室。ひと部屋は欲しいけど、古くさい雰囲気になったらどうしよう、作っても使わなかったら....と躊躇する人も多いのではないでしょうか。
最近よく目にする「琉球畳」なら、現代の住宅に合わせた使い勝手のいい空間を実現できるかもしれません。
今回は琉球畳の魅力を探ってみたいと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

琉球畳の魅力とは

琉球畳は、沖縄の「七島イ」を使った縁がない畳のことをいいますが、最近は縁のない半畳の畳を総称して琉球畳といいます。

和室に限らず、どんなインテリアとも組み合わせやすいニュートラルな雰囲気があり、同じ色でも光の当たり具合、角度によって発色が異なり、多彩な表情を見せてくれます。和室の良さはそのままに、さまざまなテイストの部屋に取り入れられるのが大きな魅力です。

それでは、そんな魅力いっぱいの「琉球畳」を取り入れた事例をみてみましょう。

洋室と和室のシームレスな融合。琉球畳はリビングにぴったり

リビングとつながる和室に琉球畳を使用した例をご紹介します。

正方形で縁のない琉球畳はフローリングと隣り合っていても違和感がなく、洋室の雰囲気を壊しません。おしゃれな部屋にしたい、でもくつろげる和室は欲しい、という場合にぴったりです。
四方をフローリングで囲んで、洋室としての統一感、つながりを出しています。
黒い琉球畳。普通の色の畳とはだいぶ雰囲気が違い、ぐっとシックになりますね。

伝統的な和室に使用。クラシカルかつモダンなお洒落空間

伝統的な和室に琉球畳を採用した例をご紹介します。

床の間、障子と典型的な和室のしつらいも、琉球畳を使用することによりぐっとモダンな雰囲気になります。年代を問わず、家族みんなが入り浸る空間を作れそう。
両側に掃出し窓を配したクールなデザインの空間には、縁のない琉球畳がぴったり。収納の下に設けたモダンな床の間ともマッチして、まるでカフェか美術館のような雰囲気を醸し出しています。こんな空間が自宅にあったら、どう過ごそうかわくわくしますね。
黒の琉球畳。普通の畳では難しいクールでかっこいい空間になっています。
K-ATELIER「月栖の家(つきすみのいえ)~プライバシーと街並みの両立~」
段差を付けた琉球畳のスペース。正方形の琉球畳が、主張しすぎず上品な印象です。
二色の琉球畳を互い違いに敷いた和室。市松模様が斬新です。

可能性は無限大。半畳だから狭いスペースにも導入可能

お部屋の一角を琉球畳にした事例をご紹介します。通常の畳よりサイズが小さいため、狭い空間にはぴったり。

最初の例では、ロフトに琉球畳を採用しています。縁がないという琉球畳の特徴がうまく生かされていて、おしゃれで気楽な雰囲気。畳敷きのロフトはとても寛げそうで、何をしようか楽しみになりますね。
琉球畳を使用した小上がり。ナチュラルカラーの琉球畳が、洋室の明るい雰囲気とよく合っています。
ロフトに敷かれたわずか2畳分の黒い琉球畳。タイルを敷き詰めたかのような大胆なデザインが、空間づくりの要になっています。
余田 正徳「上に庭がある家」
モダンでありながら上品で、さまざまなテイストのインテリアに違和感なく馴染み、和室の良さを気軽に味わえる琉球畳。その尽きない魅力の一端をご紹介しました。ぜひ家づくりのプランに取り入れてみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る