2016年05月10日更新

インテリア(ファブリック)

ラグを変えて部屋の印象をかえてみよう!

ラグを取り替えて、冬の装いから春夏の明るさを感じる空間にチェンジしてみませんか?
大胆柄に挑戦して、新しい空気を部屋に取り入れてみましょう!
こちらでは部屋のテイストに合わせつつ、ラグの柄を楽しんでいるコーディネート事例をご紹介します。


色味をプラス!

ダイニングのカラフルなラグはパッと目を引き、とても存在感がありますね。モルタルや漆喰、家具や建具の木の風合いなど質感を重視した空間において、カラフルなラグは色味をプラスする重要な役割を担っています。

Fargtal

個性をプラス!

オリエンタルな雰囲気のラグが、シックな色合いの家具やインテリアを引き立てています。

生活環境と物件価格が決め手 キッチン中心の暮らしやすい間取りに

柄と色のバランス

星条旗やガーランドといったアイテムに合わせて、ポップな印象のラグを敷いています。
クッションやカーテンもカラフルなものを使っているので、ラグを落ち着いた色合いにすることで色が氾濫することを回避しています。

木のぬくもりを感じる、アメリカンカントリーの家

シンプルすぎないデザインで控えめながら存在感をもたせる

チークの無垢材を床に、壁面はタイル張りというこだわり空間はシックにまとまっています。そこに合わせたラグは落ち着いたグリーン系のもの。落ち着いた印象を損なわないようにシンプルなデザインですが、数種類の色が使われており、地味すぎない絶妙なバランスを保っています。

チークの無垢材も壁面タイルも全て脇役。大好きなトラックファニチャーの家具を主役に。

家具とラグで雰囲気のバランスをとる

ミッドセンチュリーの家具で揃えられたリビングには、さらにモダンな印象を加えるラグを。椅子がカラフルなのでシャープさが抑えられ、モダンですが温かみを感じる空間になっています。家具の色合いとバランスをとって、ベストバランスを探してみてください。

sweet

大胆柄のラグはシンプルインテリアに投入!

大胆な柄のラグは敷くのに躊躇してしまいますよね。そんなときは家具やインテリアの配色をシンプルにまとめておきましょう。そこに柄のラグを敷くと、インテリアに自然と溶け込むことができるはずです。

K邸

ボーダーのラグはひねりの効いたデザインを選びましょう

ボーダー柄は意外と個性が強く、時に単調な印象を与えてしまいます。この事例のラグは、ボーダーカラーが交互になったデザインなので、単調な印象にならず空間全体に変化をつけています。さらに個性的なバイカラーの壁ともリンクし、シンプルモダンな空間に仕上がっています。

日南の家

様々な質感やデザインのあるラグ。季節ごとに取り替えて、おしゃれに部屋の印象をかえてみませんか?

この記事を書いた人

20061123snsmさん

すっきりと、丁寧に。そんな暮らしをめざして、おしゃれで居心地のいい空間を探求中です。

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • LD
  • リビングダイニング4
  • リビング
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問