2019/03/11更新0like1052viewka.t

レトロスタイルで落ち着くインテリア実例

落ち着く空間にはしたいけど、地味だったり普通すぎるインテリアはちょっと...という方におすすめなのがレトロスタイル。独特なカラーリングや柄物を取り入れながらも、懐かしさを感じるレトロインテリアなら、楽しい空間でありながらも落ち着いた空間を実現できます。今回はそんなレトロなインテリア実例を集めてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

昭和レトロなインテリア実例

落ち着いた色合いが素敵なこちらのリビングダイニング。
パーソナルチェアにかけられたファブリックや、カーテンの柄がレトロでよいアクセントとなっています。程よくレトロなインテリアを楽しみたいという方は、このように一部分から取り入れるのがよいでしょう。
シンプルでありながらも、どこか昭和を感じさせるリビング。
中古物件をリノベーションしたというこちらの家は、ドアなど経年変化ならではの味わいをそのまま生かしているので、懐かしさを感じる風合いが保たれています。あわせた家具も味わい深いテイストでまとめられており、くつろげそうな空間となっています。
モザイクタイルと大判のスペインタイルがなんともノスタルジック。床は杉の足場板を使用しているそう。
こんな懐かしさのある落ち着いた空間なら、いくらでもゆっくりできてしまいそうですね。

レトロアメリカンなインテリア実例集

絶妙なくすみカラーでまとめられた空間はまさにレトロなインテリアといえます。
ペンダントライトやカーテン、時計やアートフレームなどは赤で統一されていますが、壁にくすんだライトブルーを用いることで派手さを抑えています。
籐のダイニングチェアやギンガムチェックのテーブルクロスもキュートですね。
印象的なパターンが施された壁と床は、まさしくレトロといった趣き。
さらにミントグリーンの冷蔵庫がキュート。家電製品はどうしても冷たい印象になりがちですが、丸みのあるフォルムとこの色合いを選ぶことで、空間をさらにレトロへ昇格させます。
これぞ「レトロ」といった空間!
大胆なパターンとカラーにポップな色合いの家具を合わせて、レトロフューチャーな電化製品を置けば完璧です。一見派手でも、使っている色数を何色かに絞っているのでまとまりのある印象に。
配管をあえて隠さずに見せていたり、キッチンツールを見せる収納にしていたりと、今風な部分もありながらも全体的にレトロさを感じさせるのは、やはりこっくりした色合いのなせるわざ。
カラーコーディネートで雰囲気を変えることができるという好例です。
イエローと赤が印象的なこちらのキッチン。
一見かなり派手な組み合わせですが、白の面積がたっぷりあるのでうるさくなりません。
小物は赤色で統一されていたり、細かいところまでコーディネートするのがレトロインテリアを完成させるコツ。
ターコイズブルーとオレンジで元気な印象のキッチン。
キッチンに大胆なカラーを取り入れるのはなかなか勇気がいりますが、最初にイメージやテーマを決めてしまえば、ご覧の通り素敵な空間のできあがりです。
パステル調ではなく、このようなハッキリとした色味を取り入れるとレトロなイメージに近づけることができますよ。
レトロスタイルといってもそのテイストは幅広く、自分にあったスタイルを見つけやすいかと思います。昔から使っているものとも相性がよいので、いきなりすべてを買い揃えずに、徐々にスタイルを確立できるのもメリットですね。
キュートでノスタルジックなレトロインテリア、気になった方はぜひ参考にしてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る