2015年06月17日更新

インテリア(その他)

懐かしさのあるほっこりCAFE風空間〜レトロモダンインテリア~

スタイリッシュなインテリアが主流になるの中、昔過ごした時代の雰囲気に還りたい気持ちがどこかにあります。そこに居て落ち着く、心地よい部屋作りが住人にとって一番いいインテリアと言えるでしょう。


一生ものの家具に出会う事

ベルベットのような肌触りが心地よい、静かな佇まいのソファはこの部屋の主役です。
落ち着いた色調の部屋に鮮やかな光沢のあるグリーンが映えています。

出典:pinterest.com

昭和な香りのレトロキッチン

ホッとするような昭和の香りのするキッチンは築36年木造2階建てのリノベーション。ベースは全てホワイトで統一され、いまどきな雰囲気をまとっていますが、ダイニングとの境にある柱がどこか昭和ないいい味を出しています。

戸建リノベーション・リフォーム事例「Y邸・昔懐かしい昭和時代のレトロな住まい」

50年代アメリカンポップ

古き良きレトロアメリカンスタイル。ペパーミントブルーのレザーソファはその時代にタイムスリップをしたような雰囲気を醸し出しています。昔アメリカに憧れた気持ちが蘇る懐かしいレトロなカフェ風空間です。

出典:pinterest.com

男前ブルックリンスタイル

黒と茶のコントラストが男前のブルックリンスタイル。余計な物をすっきりと省いたデザインは住む人の心意気を感じさせますね。ゆったり流れる静かな時間の中で、心地よく過ごせそうです。

出典:pinterest.com

シックなダイニングキッチン

懐かしい空気に包まれたダイニングキッチン。家具や床、飾り棚の小物に至るまで茶系を用いているにも関わらず、重いイメージにならないのはテーブルや椅子の線が細いからでしょう。棚の陶器の配置も実によく計算されていますね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「n邸・どこか懐かしい雰囲気に包まれて暮らす」

プランツの時代的背景

今でこそ様々な植物がインテリアに取り入れられていますが、「喫茶店」が多くあった昭和ではサンセベリア(虎の尾)やオリヅルランが一般的でした。レトロなインテリアにはやはりその時代のプランツがよく馴染みます。

出典:pinterest.com

洋風とも和風ともとれるどこか懐かしい飾り棚。スペースをあけて物を置きすぎないように飾るのがコツです。

出典:pinterest.com

ポップな食器たちに合わせたパステルカラーの鉢。スタンドを使って目線を上げる事で他の家具と調和がとれ、まとまりのある空間になります。

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

bettyさん

自然を取り入れた住まいつくりを目指しています。
記事を書くことでインテリアがますます好きになりました。

最近お気に入りされた写真

  • 外観4
  • 外観9
  • 外観
  • 光と眺望を楽しむ家_外観1
  • 外観B

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?