2015年11月11日更新

インテリア(照明)

雰囲気つくりに欠かせない照明~レトロな灯りを楽しむ

照明(灯り)が心に及ぼす影響は「活動」と「リラックス」の2種類あると言われています。
昼間は職場の蛍光灯にさらされ、さらに帰宅後も明るい光の中にいると神経は休まりませんね。特に睡眠の数時間前は部屋の灯りを落とすと安眠効果が得られます。心への影響ばかりでなく、照明はインテリアに欠かすことの出来ないアイテムです。灯りを使って雰囲気のある上質な空間作りをしてみませんか。


食事がおいしく見えるキッチンの白熱灯

間接照明を要所に取り入れて雰囲気を出している住まい。キッチンカウンターには食事がおいしく見える白熱灯を使用しています。カウンターの下に仕込んだ灯りも、どこかカフェバーのようなムードで素敵です。

庭を抱える家

異国の佇まい〜アジアンリゾート風

アジアンリゾート風なスタイルに色味のある温かい照明を加えることで、更にその雰囲気を増しています。
ペンダントライトと同タイプのスタンドライトの光が壁を美しく照らしています。

アジアンリノベーション(マンションリノベーション)

グリーンとさりげない照明で心地よい住まいに

陽が傾いてきた頃、デスクのスタンドライトの灯りがお部屋をあたたかく包んでくれます。仲良し家族の表情もさらに優しく柔らかく見えてくるのではないでしょうか。

pinterest.com

出典:pinterest.com

おしゃれな時代の懐かしい灯り

昭和の匂いが懐かしいレトロな住まい。その時代には、電話のそばにメモ用の電気スタンドを置いているお宅が多かったように思います。とてもモダンでおしゃれな時代ですよね。

昭和の匂い・懐かしさを引継ぐ(木造リフォーム)

シェードランプをペアで使う

ファイバーグラスペアランプ。サボテンとの相性がピッタリです。なかなか手に入れる事の出来ない高級品じゃなくても、安価なシェードランプをペアで使う事でグッと高級感が増します。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ミッドセンチュリーの家具とレトロな灯り

築54年の民家をリノベーション。同じ世代のミッドセンチュリーの家具がしっくり似合っています。一つの空間の中で近代とレトロな照明がどちらも素敵にインテリアに溶け込んでいます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

小さなアパートも間接照明で雰囲気アップ

ワンルームという小さなお部屋も関節照明を使うことで、雰囲気のある空間作りができます。
キッチンの前にベッドという奇抜な配置も、植物とスタンドライトでくつろぎの空間を演出。
灯りでアクセントをつけるとムードのある豊かな表情が生まれます。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

bettyさん

段ボールで憧れの部屋を作っていた「のっぽさん世代」
記事を書くことでインテリアがますます好きになりました。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観1
  • キッチン
  • 木目美しい玄関ドア
  • デスクスペース
  • リビングダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問