2014年10月08日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

懐かしいのに新しい。住みたくなるレトロなおうち

「レトロ」や「ヴィンテージ」と聞くとちょっと心が躍る、そんな方必見です!昔懐かしい色合いを取り入れつつ、スタイリッシュな今時のレトロなおうちを集めてみました。大好きなものに囲まれてほっと落ち着ける空間というのは、おうち作りで重要なポイント!ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。


「昭和レトロ喫茶風」と名付けられたリノベーションは、早くお家に帰りたくなってしまう程の懐かしさがあります。丸い照明の作り出すやわらかな雰囲気は、家族が集まるリビングにぴったり。

> この住宅のすべての情報を見る

使い込まれた深い木の色合いがレトロなリビングです。こちらのお家は、施主様が“昔の古い学校のようなレトロなイメージ”でと、ご要望されたそうです。図書コーナーとリビングとの壁に設けられた窓は、昔懐かしい学校の、開けるのにちょっとしたコツのいる窓を思い出しませんか?
そんな風に記憶にある懐かしいものを思い浮かべては思い出話に花が咲いてしまうような、そんな空間になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

「純和風の畳のお部屋」と言われて、襖があって、板の間があって、欄間のある空間を思い浮かべる方も多いと思います。こちらはそんな和室をリノベーションして、なんとリビングダイニングにしたお家です。畳をフローリングにしてもイメージががらりと変わりますが、欄間をオシャレに使いこなすこの技、ゼヒ見習いたいですね。

> この住宅のすべての情報を見る

薬品棚が印象的なダイニング。薬品棚の持つレトロさを引き立てる照明も素敵です。

> この住宅のすべての情報を見る

使用する色を絞ることで、落ち着いた空間になりますね。照明やキッチンの水栓にもセンスが光ります。配管ですらアクセントになってしまう、大人レトロなダイニングは、まるでお店のよう。

リノベーション会社:EcoDeco(エコデコ)「風格漂う中野ブロードウェイで ワインを楽しむ 大人リノベーション」 (リノベりす掲載)

こちらは額縁の使い方がハイセンスなお家です。自分の気に入った絵やポストカード、家族写真や忘れられない景色を入れて、自分だけのプチギャラリーを作るのも楽しいですね。

出典:apartmenttherapy.com


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • リビングダイニング3
  • 書斎
  • 1階 納戸
  • ダイニング
  • ステンドグラス、薔薇、差し込む光

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。