2016年02月07日更新

リノベーション会社・建築家紹介(建築家・設計事務所紹介)

無骨でちょっぴりレトロ~おしゃれに心地よく暮らせる『吉村建築設計』のリノベーション事例

ヴィンテージ風やブルックリンスタイルに代表される、無骨でクールなインテリアは今大人気ですよね。そのようなインテリアのカフェやショップに行って、こんな部屋に住めたら素敵だな、と憧れる事も多々あるのではないでしょうか。
でも、のんびりとオフタイムを過ごす自宅は、ほっと一息つける場所である事が重要です。吉村建築設計の造る空間は、アイアンや足場板などの骨太でソリッドな素材がしっかり主張しつつも、珪藻土壁や無垢フローリングなどの気持ちの良い自然素材を組み合わせることで、柔らかく温かみがあり、居心地の良い住まいに仕上げてくれています。
相反する素材が上手く溶け合う、カッコ良く心地よい仕上がりのリノベーション事例をご紹介します。


知る人ぞ知る隠れ家ショップのような家

アイアンの窓、黒板塗料の壁、天井などのブラックがピリリと骨太感を感じさせるLDK。コンクリートブロックのカウンターキッチンは、ショップやカフェのような雰囲気で、自宅とは思えないほどおしゃれです。オーク材にエイジング加工を施した温もりも感じさせつつ、程良くヴィンテージ感もある床が無骨な素材と上手く調和しています。

> この住宅のすべての情報を見る

LDKの一角にある、アクセントカラーの深い青緑が落ち着きを感じさせるオープンシェルフです。本やCDはもちろんですが、何を収納してもおしゃれに見えてしまいそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

エイジング加工を施した広い土間のある玄関は、ちょっぴりレトロ。床やドアにもエイジング加工のオーク材を使用し、裸電球を吊り下げる事で優しい雰囲気が生まれます。

> この住宅のすべての情報を見る

足場板を使ったシューズクロークが併設されており、収納力も抜群です。

> この住宅のすべての情報を見る

ずるいほどおしゃれな団地リノベ

団地リノベ最大のメリットは、すっきりきれいな新築にはなかなか出せないヴィンテージ感だったり、レトロな雰囲気をとことん発揮できる事ではないでしょうか。こちらの築45年のそのままでは住みにくかったであろう団地も、懐かしい雰囲気はそのままに造付家具などによって、驚くほど快適な空間へと生まれ変わっています。構造上鏡が設置出来なかった洗面所には、キャビネットを開けば鏡として使えるよう工夫がされています。

> この住宅のすべての情報を見る

天井はひんやりとした質感のコンクリート、壁は珪藻土、床は檜の無垢材を使ったLDKは、ふんわりとした明るさで優しい印象の空間です。

> この住宅のすべての情報を見る

奥様に合わせて造られたオリジナルのキッチンは、アイアンの取っ手で引き締められています。藍色のタイルがレトロな雰囲気を作り上げていますね。

> この住宅のすべての情報を見る

室内のライトはシンプルなもので統一されています。電球にはエジソンバルブをチョイスして、ノスタルジックで温かな雰囲気を醸し出しています。

> この住宅のすべての情報を見る

風と光が通り抜ける住まい

珪藻土塗りの壁と、木の板壁のアクセントウォールが絶妙なコントラストを生むリビング。複数の色を組み合わせる事で存在感が増し空間が引き締まっています。

> この住宅のすべての情報を見る

実はこちらの板壁の上には隙間があり、隣室へ風と光が届くようになっています。

> この住宅のすべての情報を見る

廊下に設けられた間仕切り壁の後ろには、玄関から繋がる大容量の収納スペースがあります。レトロなチェッカーガラスが入る事で、収納スペースにも光が差し込みます。見た目にもおしゃれですね。

> この住宅のすべての情報を見る

ウォールナットのダークカラーがきりっと格好いいキッチンは、モザイクタイルで可愛らしさもプラス。もちろん奥様に合わせた造り付けです。収納棚も確保され、作業がしやすそうです。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

hinataさん

インテリア大好き。何より木造住宅の構造が大好きで、新築されている現場を見つけては足しげく通い、外から見学させてもらっています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • LDK
  • LIVING DINING KITCHEN1
  • リビング
  • ダイニングキッチン
  • 洗面
見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。