2014年10月13日更新

インテリア(カラーコーディネート)

差し色だけじゃもったいない!ブルーを取り入れた落ち着くおうち

ブルーと聞いて、みなさまはどんなイメージがありますか? 抜けるような青空、広大な海、青々しい木々の間を流れる川、ブルーの持つイメージには自然のものを思い浮かべる方も多いと思います。 ブルーの色彩心理には、集中力を高める。気持ちを落ち着かせる。時間経過を遅く感じる。睡眠を促進する、等々、ぜひお家作りに取り入れたい良い効果があると言われています。
今回は、そんなブルーの持つ心理をドーンと詰め込んだお家を紹介したいと思います。ぜひお家作りの参考にしみてくださいね。


深いブルーのカーペットが印象的なリビング。マンションの管理組合がフローリングを禁止しているとのことでカーペット採用に至ったそうですが、マンションでのカーペット敷きは騒音防止にも一役買ってくれます。ドキッとさせられる鮮やかなブルーは逆に新しいですね。海の上で漂うように、ゆっくりと寛げそう!

のびのびと暮らせる快適SOHO

まるで新しい世界へ一歩踏み出すような、ワクワクしてしまう階段。階段壁にブルーを取り入れることによって、オンとオフが切り替えられる、そんなおうち作りが出来そうです。

西熱海の陶芸工房のある家 (ベネチアンスタッコ壁を施工した階段室)

やわらかいブルーがとっても綺麗なパウダールーム。毎日使う場所だからこそ、清潔感のある空間にしたいですね。

上町 和洋折衷 レトロなお部屋

淡いブルーが爽やかなバスルーム。寒色のお風呂は寒く思いがちですが、どこか安心する淡いお色であれば取り入れる価値アリ! ついつい長湯をしてしまうかも……?

pinterest.com

出典:pinterest.com

実はトイレが一番落ち着く場所なんです……という方も、少なくはないのでしょうか? 
新聞や本を持ち込んで読書の時間にしている方々にオススメなのがブルーのトイレ。その存在感にドキッとしますが、一度入ると出たくなくなってしまいそうなほど!

No.50 30代/2人暮らし (トイレ1)

オシャレな手洗を、濃いブルーが引き立てて高級感を出しています。

No.50 30代/2人暮らし

紺の壁紙が気持ちを落ち着けてくれる書斎。ワークスペースとしてはもちろん、勉強に励む子供のお部屋にも取り入れてみたいお色です。

No.58 30代/2人暮らし


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • テラス夕景
  • 外観3
  • シンプルな三角屋根の外観
  • 借景
  • テラスのある白い外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問