2019/09/07更新0like393viewゼロリノベ

リノベーションで実現した素敵なベッドルーム5選

家の中で一番長い時間を過ごす場所は、寝室という方が多いよう。そこが落ち着ける空間だったら、きっと充実した毎日が送れますよね。今回は、リノベー ションして個性的で素敵な寝室になった事例を5つご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

光がさんさんと降り注ぐベッドルーム

家具と統一したブルー系のベッド。白壁や白いシーツによく似合い、清潔感があります。

また、窓の外に広がるルーフバルコニーの効果もあり、青い海白い砂浜のリゾートにいるようなリラックスムードが漂います。リノベーションのコンセプトは「海外にある海辺のお家」なので、ぴったりと合っていますね。
2方向に窓があり開放的。朝日を浴びると寝覚めが良いとい われているので、素敵な朝が迎えられそう。

2方向に窓があり開放的。朝日を浴びると寝覚めが良いとい われているので、素敵な朝が迎えられそう。

面白そうな空間がコンセプト、小上がり風ベッドルーム

人が見た時に意外に思うような面白いことが好きだと言う世帯主。リビングにある大きめの小上がりをベッドルームにしました。空間を高さで区切っているので、視線の抜けは保ちつつ、プライベートも保持している不思議なスペース。1段上るごとにワクワクできそうな階段も良いですね。下は収納になっており機能的な一面も。
上から吊られた階段が目を引く。見える床面積が大きくなるので、広く見える効果もある。

上から吊られた階段が目を引く。見える床面積が大きくなるので、広く見える効果もある。

優しいピンクの壁がある寝室

リノベーションした当時はグレーがかった青の壁が流行っていたので、あえてピンク色にしたそう。この色は奥様の発案で、ご主人は「寝室なのに!」と反対。ご夫婦で何度も話し合い、業者とも色合いの相談をして、微妙な味わいのあるカラーになりました。

間接照明に照らされた色壁の存在感が寝室をアートにし、結果的には大正解だったとご主人も思っているそうです。
向かって左側は大きな室内窓。リビング越しに外の風景も見える。

向かって左側は大きな室内窓。リビング越しに外の風景も見える。

白を基調にした、シンプルで清潔感あふれるベッドルーム

「丁寧に暮らしたくなる家」をコンセプトにしたリノベーション。白壁は美しいけれど、しっかりと手をかけて白さを保つことが大切。シンプルで清潔感のある空間を保持することは、丁寧な暮らしそのものではないでしょうか。

また、光の入り口になる窓が多くあるので、壁に光が反射して部屋自体が広く見えます。引っ越して時間が経った今も、きっとキレイなままだと想像できる寝室です。
レトロなベッドライトで個性をプラス。ライトにかけたフェイクグリーンも白壁に映えます。

レトロなベッドライトで個性をプラス。ライトにかけたフェイクグリーンも白壁に映えます。

落ち着いた大人の雰囲気を持つベッドルーム

天井と壁の間に隙間を設けると、空気の循環など物理的なメリットもありますが、閉め切っていても隣室の気配を感じられるという良さもあります。

1人きりでも孤独になりすぎず、適度な距離感を持った大人の関係を示している寝室。きっと落ち着いた気持ちで眠りにつけるでしょう。
ペンダントライトの優しい光が部屋を包む。

ペンダントライトの優しい光が部屋を包む。

5つの寝室はどうでしたか? せっかくリノベーションをするなら、シンプルな中にも個性がある演出をしてみたいですね。
お気に入り

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりの学び舎

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

ベッドルーム・寝室の事例をもっと見る
家づくりの専門家を探す
専門家選びのご相談はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧