2014年11月05日更新

インテリア(照明)

夜のひと時を心地よく過ごせる部屋作り

昼間は外で仕事をして、夜になって家へ帰宅する。そんな暮らしをしている人も多いでしょう。リビングでゆっくりとテレビを見たり、夫婦二人の時間を過ごしたり、心休まる夜のひと時はとても貴重なものです。そんな素敵な時間をより一層良いものにするためには、リラックスできる空間作りが有効的です。
日中に酷使した神経を休め、眠るまでの数時間を心地よく過ごすためにはどんな部屋にしたらいいのか――。
ポイントは『光』にありました。夜と仲良くするための光の用い方をご紹介いたします。


キャンドルのほのかな明かりは心を落ち着かせてくれます。本物の火を使わないLEDのキャンドルライトも発売されており、匂いや炎の揺れまで細かく再現されている物も多くおすすめです。

withoutfashionwe.blogspot.jp

出典:withoutfashionwe.blogspot.jp

小さな電球が連なったコードライトを壁や天井から下げると、星が輝くような幻想的な空間を作り出してくれます。

blog.casafina.com

出典:blog.casafina.com

コードライトは紐状になっているという特性から、色々な使い方ができます。おしゃれな瓶の中に入れれば即席のスタンドライトの出来上がり。瓶の中で光が反射し、柔らかく照らし出してくれます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

狭いところが落ち着くという人は、部屋の中にテントを置いてくつろぎ空間を作り出す方法もあります。狭い場所なら光も効果的に広がり、秘密基地に潜んでいるような気分になれそうです。

transitoinicial.com

出典:transitoinicial.com

眠る前のひと時を過ごすベッドルームには、特に優しい光が求められています。睡眠前に強い光を見ると神経が冴えてしまうため、間接照明などの淡い明るさがぴったりです。

軽やかさを感じさせるラグジュアリーモダンな家(リノベーション)

バスタイムは最もリラックスできる時間と言っても過言ではありません。ダウンライトのほのかな明かりが、疲れた体を包んでくれます。

KI espace

窓から美しい夜景が見えるのなら、それを使わない手はありません。照明は最小限に抑え、夜空とイルミネーションを楽しみましょう。

N-HOUSE


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • エントランス
  • リビングダイニング4
  • 玄関
  • くの字型の外観
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問