2015年01月30日更新

インテリア(壁/床)

壁や扉のプチリフォーム!! カラー塗装のすすめ

お部屋の中の色は無意識のうちに人を落ち着けたり、またやる気を出したりといろいろな効果があるそうです。 お部屋全体にカラーを取り入れてしまうと圧迫感が出たりしますが、お部屋一部の壁、扉、床など一部分だけカラー塗装を取り入れると違和感なく、またアクセントにもなります。 プチリフォームでカラー塗装の部材や壁のカラー塗装の事例をご紹介します。


壁の一部をグリーンに塗装してあります。 壁の色に合わせて収納用のボックスを白、グリーンに合わせると、ごちゃごちゃした印象になりません。

カラー塗装

部屋を仕切っている窓わく、扉が同色の塗装になっています。 また左の扉と床、テーブルは茶系のままで落ち着いています。 カラー塗装を取り入れる時はあまり色を多用しない、分量などのバランス感覚も大切です。

n邸・どこか懐かしい雰囲気に包まれて暮らす

ウッドの素地の上から薄く塗装した扉も個性的な印象を与えます。焼き杉の木目が残っています。 カラー塗装はいろいろな部材があるので、ご自身の好みで選ぶことができます。 (この扉は緑、赤系、青系、黄色系などからバリエーションも豊富)

UROCO YAKISUGI PASTELGREEN

お部屋の中の一部、コーナーの役割でカラーを切り替えて、気分を切り替えることができます。 トイレの手洗いコーナー、紺色の壁で落ち着いた印象です。

No.50 30代/2人暮らし

並んでいる扉を見ていると、その時の気分で色をどう感じるかがわかるような気がします。 お部屋の用途や好みなどに合わせて選ぶことができます。

カラー塗装・木製ドア

お手洗いは暗い印象になりがちですが、明るい黄色に仕上げることなんだか気分の上がりますね。照明も壁紙に反射していつもより明るく感じます。

I邸・昭和時代の喫茶店のようないえ

テレビコーナーの壁をダークカラーにすることで映画鑑賞などを楽しめそうです。 カラーの壁面と間接照明が、とても大人の空間を演出しています。

「ウチソトの間合」-大阪のリノベーション-

お部屋の大規模なリフォームも楽しいですが、一部分だけのカラー変更は費用、工期もお手軽にできます。気分転換にもなりますので、ぜひ取り入れてみてください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • LD
  • リビング
  • ペントハウスデッキ
  • ダイニングを開放した状態
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問