2017/05/30更新10like31849viewtennto1010

まるでオーダーメイド。既製のキッチンは工夫しだいでこんなに変わる

SUVACOで紹介されている素敵なキッチンの数々。自分の好みや部屋にぴったり合わせるためのオーダーキッチンばかりなのでは…、と思っていませんか?そんなことはありません。既製品に自分らしさを加えて、オーダーと変わらないキッチンを手にいれた事例も数多く、「えっ?このキッチンも既製品⁈」と、驚かされます。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

既製品を選ぶメリットとは?

万人に使いやすく考えられた既製のシステムキッチンは、メーカーが蓄積してきたノウハウが結実した“傑作”。消費者のニーズをしっかり押さえた安定感は抜群です。

また、ショールームで現物が展示されていますから、広さや高さ、よく行う動作など、実際の使い勝手をイメージすることが出来ます。
既製のパーツを現場で組み立てるために、工期が短いこと、価格や機能を様々なメーカー間でじっくり比較しながら、予算に合わせて選択出来る点なども、大きなメリットと言えるでしょう。

近年はデザイン性も向上し、“いかにも”というものは減り、人気のステンレスや木製など消費者のニーズに応える、幅広いラインナップが用意されています。
_________________________
無垢の木の本物の品質感と優しい風合いがお部屋を引き立てます。

*キッチンメーカー:ウッドワン(スイージー)
多くのメリットがある一方で、希望を100%満たすものに巡り会えない、ということも多いよう。

何が違うのか?サイズ?テイスト?収納力…?しっくりこない原因を突き止めれば、解決策は案外簡単に見つかるかもしれません。

それでは、既製品のメリットをとりつつ、+αの工夫で、オリジナルなキッチンを手にいれた事例をご紹介しましょう。

既製品の性能とオリジナルデザイン、両者のイイトコ取り

I型のキッチン+カップボード、というメーカー品のシステムキッチンの基本プランから

・I型キッチンの吊り戸棚をIKEA製に変更
・カップボードを取りやめ、家電等の収納棚は別途造作で対応
・ペニンシュラ型カウンター仕様のカップボードを、両面から使える大型のカウンター収納用にサイズと仕様をセミオーダー

などとすることで、コストダウンに成功。既製品のイイトコ取りをしつつ、オリジナルデザインで譲れないこだわりも叶えています。

リビングとの間を緩やかに仕切る窓付きのブリックタイルの袖壁など、真似したい工夫が満載ですね。

*キッチンメーカー:パナソニック(リビングステーションLクラス)

+カウンターの造作で、キッチンが主役の部屋になる!

既存のキッチンを再利用したリフォームの事例。造作のカウンターで大胆にキッチンを囲んでいます。ご家族はもちろん、大勢の友人がこのカウンターを囲んで賑やかに過ごすそうです。ブリックタイルが貼られた腰壁も劇場的な空間を引き立て、まさに部屋の主役になれるキッチンですね。

大工さんの造作で、オリジナリティ+コストダウン

こちらは大工さんの造作で、既製品のキッチンを木板のパネルで覆いました。これだけで、しっかりオーダーキッチンのような風格が感じられますね。

ここでいう造作とは、大工仕事の一つとしてお願いするものを指します。家具のように緻密なつくりが必要ない箇所であれば、低いコストで可能な大工さんの造作。キッチンづくりのオプションに加えてみてはいかがでしょうか。

ちょこっと造作の技ありキッチン!

こちらのキッチンの造作は、コンロ台部分のみ。その他は業務用ステンレスキッチンを組み合わせています。すべてを造作にした場合と比較すると、かなりのコストダウンに。ステンレスの男前キッチンにばっちり仕上がっています。
IKEAユニットキッチンの面材を造作している事例です。キッチンカウンターも造作でつくり、部屋に馴染むデザイン性を持たせるとともに、油はね防止のガラス板を取り付けるなど、使い勝手に必要な機能もプラスしています。
IKEAとくればこちらも外せない、無印良品。

キッチンメーカーのノウハウと無印良品のデザインコンセプトがコラボした、おなじみのステンレスユニットシェルフのキッチン版。造作の木棚をプラスして、食器類の整理用にカスタマイズすることで収納力を確保し、吊り戸棚のない抜けのあるキッチンに仕上げています。

*キッチンメーカー:サンワカンパニー(MUJI+KITCHEN)

キッチンを特別なものに演出するインテリア

統一された木調が印象的なダイニングキッチン。既存の柱を残して作った飾り棚や個性的な板壁など、既存のものを活かしながら、キッチンを特別な空間に仕上げています。

*キッチンメーカー:GRAFTEKT(オーダーキッチンで有名な「キッチンハウス」の姉妹ブランド)
床材や壁材によって、キッチンの印象は決まってきます。黒目地のタイル貼りの壁、アイアンの吊棚、ブルーグレイの壁に囲まれたパントリー…。誰もが納得のスタイリッシュなキッチンですね。

*キッチンメーカー:TOTO( クラッソ)

+DIY、+改造でここまでできる!

こちらの立派なキッチン。なんとデザインを含めて施主のDIY!外注したのは天板のみだそうです。自分のこだわりを自分の手で実現させられるなんて、羨ましい!
IKEAのキッチンを改造した事例です。IKEA Hack(IKEAの製品をDIYで改造すること)がキッチンにまで及んでいるとは!

改造例では他にも、天板のみのオーダーや別メーカーの天板交換のポイントリフォームを利用したもの、簡単なものでは取っ手交換などと、アイデア次第で自分のこだわりに近づけることが出来そうです。
素敵なキッチンは、自分だけのこだわりと、設計や施工に関わる方達との連携と工夫の賜物なんですね。
キッチン選びには、既製品かオーダーか、の二者択一ではなく、既製品+αの選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る