2016年10月07日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

整理整頓を心がけ、絵になるキッチンをめざしましょう!

ついいろいろなものを置いてしまうキッチンカウンター。さまざまな物が置かれ、出しっぱなしにされてしまうので、キッチン全体が散らかった印象になってしまうのです。食器棚、作業カウンター下の収納、吊り戸棚、食品庫など、いくら収納を増やしたところで、片付け方が上手くないとすっきりしたキッチンにはなりません。今回は、キッチン収納について一緒に考えていきましょう!


収納するものの定位置を決め、 出した物は元の場所に!

キッチンカウンターやテーブルの上がごちゃごちゃしている原因は、出したものを元の場所に戻さないことにあります。わかってはいるのですが、なかなか実践できません!

出しっぱなしを防ぐためには、まず収納する物の定位置を決めることです。

「キッチンが狭いから収納場所を確保できない!」とあきらめずに、収納場所を作る工夫をしましょう。決まった場所に戻す習慣がつけば、出しっぱなしは少なくなるはずです。

そして、定位置に置いたものは、定期的に見直しをして、不要なものを処分するようにしましょう。

RIKUBUNー畳を生活の中心にしたリノベーション (キッチン)

自分の生活習慣を見直してみましょう

そうはいっても、狭いキッチンでは、確かに収納場所を確保するのが難しいです。お皿や食品はどこに収納しますか?鍋やフライパンはシンク下の収納にしまいますか? それとも吊るして見せて収納しますか?

キッチンにはさまざまな色やかたち、大きさの調理器具、食器、食材、日用品などがあります。キッチンの使い勝手は、そういったものの量や種類、片付け方によって変わってきます。

何が必要で何が必要でないのか、また、隠して収納したいのか、見せて収納したいのか?
キッチンの収納計画を考える前に、ご自分の生活習慣を見直してみましょう。

Y邸・漆喰の壁に囲まれて暮らす、光と風あふれる家 (LDK(ベッドスペース 間仕切りOPEN時))

壁面を上手く利用して、天井までの収納棚を作ることは素敵なアイデアです。見せたくないものは扉付きの戸棚に収納し、すぐ使いたいものはオープン棚に収納する。オープン棚を取り入れることで、よりで軽快で楽しくわかりやすい収納となります。

一般的に、オープン棚のような見せる収納は使いやすい反面、散らかった印象になりがちです。しかし、こちらのオープン棚のように、段ごとに似た色や素材をそろえて置けば、スッキリと落ち着いた印象になります。

Y邸・漆喰の壁に囲まれて暮らす、光と風あふれる家 (キッチン収納(造り付け))

使いやすい収納の範囲とは?

使いやすい収納の範囲は、楽に手の届く膝の高さから目の高さまでの範囲です。

・棚の中央あたりは、出し入れしやすいので、毎日よく使う物や普段使いの物
・棚の上の方には、あまり使わない物、落ちても割れない物
・棚の下の方には、重くて大きい物

これが収納の基本です。

よく使うものは何なのかを考えて、それを中心にキッチンの収納を考えましょう。

スプリットハウス (見せる収納のキッチン)

見せる収納は色や素材を統一しましょう!

生活感が出やすい食器類をオープン棚に見せて収納する場合も、まずは似た色のものに分けて置くことを意識すると統一感が出ます。

さまざまな大きさやかたちの食器であっても、素材(陶器やガラスなど)ごとにまとめたりするとスッキリした印象を与え、インテリアとしても楽しめます。

Doux-古道具の存在感が引き立つ家 (ダイニングスペース)

ジャガイモや玉ねぎ、にんじんなどの野菜を、買ってきた時のポリ袋や紙袋に入れたまま、キッチンの床に置きっぱなしになっていませんか?

このような常備野菜の保存には、自然素材で編んだバスケットを使うと、取り出しやすいうえ、風通しがよくなるので新鮮さが保たれます。オープンな収納棚と籐のバスケットの組み合わせはスタイリッシュにスッキリとまとまります。

絵になるキッチンを目指すと共に、使いやすさ、実用性にも配慮したいですね。

百草HUT(週末住宅) (キッチン)

家電置き場も考えよう!

トースター、電子レンジ、炊飯器、コーヒーメーカーなど簡単に動かせる設備器具であっても、あらかじめ置き場所を決めておきましょう。

これらの置き場所を決める時は、置き方によって部屋の印象が変わってくるため、オープンにして見せておくのか、使うときだけ取り出すのかも、よく考えましょう。

調理カウンターと吊り戸棚の間の高さをどの程度取るか決める時も、このような設備機器の高さを考慮する必要があります。設備機器が発する熱や蒸気への対処も検討する必要があります。また、コンセントの口数も考えておかなければなりません。

木枠の先にあるもの (キッチン収納棚)

最終的には常に整理整頓しておく努力が必要

空間に余裕がある場合は、食品庫を設けるとキッチンの快適さが増します。保存食や時々しか使わない食器類、日用品など、できるだけ見せたくないものを目につかない場所に収納することができる便利な場所です。

しかし、このような食品庫も好き勝手に物を詰め込んでしまうと、空間を無駄に使うことになり、本来あるべき収納を生かしきれない場合があります。

使い勝手よく効率的に物を収納するためには、常に整理整頓しておく心がけと努力が必要なのです。

千葉市 I邸 やさしさを育む住まい (パントリー)

スッキリした絵になるキッチンをめざすためには、

・使う人の生活習慣に合わせて収納を計画し、使ったものは決まった場所に戻すこと
・定期的に見直しをして、不要なものを処分すること
・整理整頓を心がける努力をすること

諦めずに一緒にがんばりましょう!

この記事を書いた人

Mayflowerさん

本と絵と素敵なものが好きな主婦です。只今、育児の真っ最中。一児の母、一級建築士。

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニング側から見たキッチン
  • リビングへ続く廊下
  • リビング
  • 洗面・トイレ
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問