2015年08月30日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

今すぐ実践!みんなの家の防災対策を見てみよう【地震編】

皆さんはどんな家が理想ですか?広い家、収納がたくさんある家、好みのインテリアを取り入れた家、色々ありますが、なんといっても一番大事にしたいのが「安心な家」であること。色々な防災対策グッズや耐震リノベされた事例を見ていきましょう。


こんなにかわいい家具転倒防止棒を見つけました!

背の高い家具を導入する場合、一番心配なのが「倒れてきたらどうしよう」ということ。
こちらの可愛い家具転倒防止棒は、キュートな見た目とは裏腹に耐圧200kg/本!震度7相当の耐震試験もクリアしているようです。

i-bou.jp

出典:i-bou.jp

耐震補強の柱がこんな物に大変身

耐震補強のリフォームをした結果、思わぬところに補強の柱が・・・ということもあり得ます。こちらは一般家庭ではなく、幼稚園なのですが、窓の前に耐震補強の柱が入ってしまいました。それをキリンさんに大変身です!一般家庭でこのようになった場合、塗装で敢えてアクセントとしてもいいですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

築40年以上前の家のフルリノベーション

築40年以上の一戸建てです。工事は構造体だけを残し、全部解体して耐震補強から始めたということのこと。建替えた方が簡単だったかもしれませんが、元の家を作り直したリフォームだったので何か心の拠り所が残ったような気がしているそうです。

池田の耐震リフォーム

阪神大震災を耐えた築45年の一戸建てのフルリノベーション

阪急今津線にある築45年の家のリノベーションです。築45年というと、阪神大震災を耐えてきた家という訳ですが、予算的な関係から外壁側を大きく工事することは控えられました。その代りにまず、内部側より構造用合板を貼って耐震性を上げていき、また、基礎が大きく割れて全体的に歪んでいるのを補強するために建物内部から新たに鉄筋コンクリートのべた基礎を施工されました。これによって建築基準法の耐震性能の1.3倍の強度を確保することが可能となったそうです。

仁川台の住まい

貼るだけで地震対策が

地震というと棚自体が倒れる危険ももちろんありますが、棚は持ちこたえても中身が落下してしまうことが。これはなんと地震による揺れで書籍やファイルなどを本棚から落下させないようにする落下抑制テープ。テープを貼るだけという手軽さです。こういうものは積極的に取り入れたいですね。

toyokeizai.net

出典:toyokeizai.net

まさかの時のために備蓄庫を作っておく

まさかの時の為に水や食料品、衛生グッズ等にラジオ、懐中電灯などをひとまとめにしておくことは大切です。

orgjunkie.com

出典:orgjunkie.com

ファイバーグレーチングという格子材で補強

ファイバーグレーチングという格子材で補強した部屋。プラスティックにガラス繊維の層を練り込んで作られた複合資材で軽くて強く、換気性に優れているそうです。

中庭のある家


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面バス
  • LDK
  • 外観
  • 苅間の家 外観
  • トイレ

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問