2014年07月07日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

プライベートガーデン〜中庭の魅力〜

たとえ小さくても中庭から得る安らぎは戸建て住宅の魅力一つです。
敷地条件に合わせ、L字やコの字やロの字の形状を持ち、箱庭や枯山水の様な古くから愛されている観賞用の庭としての中庭、リビングの延長であるアウトサイドリビング、ラグジュアリーなバスルームを演出するバスコート、家事や趣味のスペースとしてのサービスヤードなど様々なライフスタイルにあわせた中庭をいくつかご紹介致します。


〜鑑賞するための中庭〜

風にそよぐ木々を配し、室内にいながらも自然の美しさを愛で心を落ち着かせてくれる中庭。町家の箱庭の様な小さな庭、または足を踏み入れる事が目的ではない枯山水などの観賞を目的とした庭など手入れ好きの日本人には古くより馴染みのあるスタイルの一つです。

中野の家

屋内外の床仕上げは違うものの、段差の無い仕上げからも空間に広がりを感じます。適度な広さから鑑賞目的ともリビングの延長ともいえ、シンボルツリーとコンクリート打ち放しの屋外階段との調和が互いを引立てるアイテムになっています。

緑山の家

〜アウトサイドリビング〜

中庭をより効果的に建物に取込むには、敷地条件、周辺環境、住民のライフスタイルを考慮に入れて検討する事が必要です。現在の主流とも言えるアウトサイドリビング。もう一つのリビングとして室内との強いつながりを得る中庭のスタイルです。

ANA nHOUSE

〜プライベートパーク〜

子どもが大いに遊べる適度な大きさの水庭です。こんなに大きなプールがある家はそうはありません。
夜になれば昼間の印象とはがらっと変わり、子どもたちが寝静まり月明かりに照らされた水盤は静寂の美を室内に届けてくれることでしょう。

水庭の家

〜バスコート〜

湯上がりのゆったりとした時間をバスコートで過ごす、贅沢な時間を提供します。

フロ好き家族の中庭のある家 (浴室)

〜中庭というよりも公園〜

将来の増築への余白を残すこの建物。建物を支える柱が森の木々の様に連立し、ここはまるで公園の様な庭として定義できる開放的な中庭です。

建築家:岡田公彦「戸田邸」

戸田邸


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観5
  • リビングダイニング 3
  • スキップフロアで子供部屋やロフトの気配も感じるLDK
  • トトロ シューズクローク2
  • モダンなリビングダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問