2017年05月19日更新

インテリア(スタイル)

アートの力で手軽に「おうちカフェ」!簡単に雰囲気を作れるポスターの選び方と飾り方

はじめまして、rela*pookaです。池袋で小さなカフェを切り盛りして、もう10年以上になります。カフェのようなお部屋に住みたいという読者の方はとても多いのではないでしょうか。実際、お店でもそういった声はとてもよく耳にします。

おうちでもカフェにいるような雰囲気を味わいたい・・・。そんな願いを簡単に叶える方法があるんです。それは、壁などの面積が広い部分に「カフェらしさ」をまとわせること。数あるテクニックの中でも特に気軽に取り入れられる「ポスター」の選び方をご紹介します。


レイモン・サヴィニャックの偉大なるカフェ感

出典:instagram

フランスのポスター作家であるレイモン・サヴィニャック。彼の作品はシンプルかつユーモラスな筆致とその色彩感覚が特徴です。SUVACO読者の方なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。カフェやおしゃれな空間で、サヴィニャックのポスターはもうおなじみですね。
たくさんの種類の中からピンときたポスターを一枚、額に入れて飾ってみましょう。

実は私のカフェでも、個展期間中でなければサヴィニャックのポスターを飾っています。この写真と同じ、チョコレートの男の子。

出典:instagram

なぜカフェで、彼のポスターを目にする機会が多いのでしょうか。
「わかりやすさ」と「クールさ」の絶妙なバランスを兼ね備えた彼のポスターは、癒しと元気をくれます。それは人々がカフェに求める要素と同じなんですね。

人々に驚きと楽しみ、そして感動を伝えるためにポスターを描いたというサヴィニャック。
彼の温かい視線に気づくとき、私たちの心にも優しい気持ちと元気が湧いてくることでしょう。あなたもエスプリを楽しんでみませんか?

大好きなおしゃれ映画の世界にハマる

出典:instagram

ジャン=リュック・ゴダールの映画はどのシーンもフォトジェニック。このポスターはフランスの老舗ブランドのものだそうですが、とても素敵ですね。無骨な感じのアイアンベッドにもよく馴染みます。

ゴダールのポスターはクールなお部屋にお似合いだと思うのですが、それはきっと、現代の社会と人間の真実の姿に迫ろうと試み続けてきた彼の作風やメッセージがそう思わせるのかもしれません。

モノクロでもカラーでも、ゴダール作品のポスターはちょっと筋の通った演出をすることができると思います。いずれもカフェに欠かせないおしゃれ感をちらりと感じさせることができる優秀アイテムです。

ディック・ブルーナの暖かい世界

出典:instagram

カラフルな壁にもしっくりとはまります。子供部屋にもぴったり。

東日本大震災のときには、「日本のみなさまへ思いを込めて」として、大粒の涙を流したモノクロのミッフィーを描いてくれたブルーナさん。簡素なメッセージから彼の深い悲しみと優しさが感じられます。

ブルーナさんの優しい気持ちが、子供部屋はもちろん、オトナのカフェ空間にもぴったりマッチするのですね。

憧れのスターのアートワーク

アナログ生活が見直されている昨今、レコードのジャケットにその趣を感じる読者の方々も多いのではないでしょうか。

私は高校時代にビートルズに魅了され、部屋中をビートルズのポスターやカードで埋め尽くしていた時期があります。家に帰るたびに気分が上がって、部屋で過ごす時間が格段に増えました。

自分にとってのヒーローやスターの存在を身近に感じることで、とても満たされた気持ちになります。満たされた気持ち・・・これって、カフェにいるときに欠かせない要素ですよね。

出典:instagram

ビートルズのレコードジャケットには、カラフルなものやモノクロームの陰影の素敵な作品まで幅広く揃っていますので、好みのものを探しやすいかと思います。

彼らの他にも、特に60年代70年代の海外のアーティストのレコードジャケットは、アートワークの観点からも非常に優れたものが多いのでおすすめです。

出典:instagram

こちらはブリジットバルドー。昔の女優のポスターって、どうしてこんなにオーラがあるのでしょう。こういったポートレートも、すぐに雰囲気作りに役立ってくれます。特にモノクロのものを選べば無難にマッチすると思います。

番外編

出典:instagram

こちらは最初にご紹介したサヴィニャックのポストカードたち。
ポスターなどを飾るよりも気軽に楽しめますし、気分を変えたいときなどは簡単に入れ替えができるのでおすすめです。

いかがでしたか。色々とご紹介してきたアートの数々。今回は王道の平面もの限定になってしまいましたが、スペースが許せば立体のオブジェなども素敵ですよね。こちらに関してはまた別の機会に書かせていただこうと思います。

リノベーション会社:デン・プラスエッグ「サヴィニャックのポスターが似合う、家具がゆったりと配されたLDKに」(リノベりす掲載)

手っ取り早くお部屋をカフェっぽくしたい!という気持ちにすぐ応えてくれる、優秀なアートワークたち。ぜひ取り入れてみてください。

この記事を書いた人

rela*pookaさん

池袋で12年、小さなカフェ「lamp」を切り盛りしています。

最近お気に入りされた写真

  • キッチン
  • 屋根裏ロフト
  • リビングダイニング
  • リビング
  • 収納のあるリビング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?