2018/12/11更新0like655viewSeiya Tabuchi

植物が毎日を彩る。参考になる植物の取り入れ方

リラックス効果やストレスを軽減する効果のある観葉植物。みなさんは自宅にどのように取り入れていますか?植物は自分の好きなように置いてもよいですが、ポイントを意識するとよりよい空間にすることができます。
今回は、日常を彩ってくれる植物を上手に取り入れるためのヒントをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

アイキャッチになる大きな植物をひとつ置く

大きな植物をひとつ置くと、インパクトがあり空間のよいアクセントに。

癒し効果のある植物が常に目に入ることで、心落ち着かせる空間になります。また、観葉植物には空気洗浄の効果もあるので、部屋全体が清々しく感じるでしょう。

部屋に植物を散りばめる

部屋に小さな観葉植物をたくさん散りばめるという方法もあります。どこにいても緑が目に入るようにすれば、リラックスできる空間になること間違いなし。

また、さまざまなタイプの植物を置くことで、リズムのある楽しい部屋をつくることができます。ひとつの種類にこだわらず、気になる形の植物があれば、どんどん積極的に取り入れましょう。

吊るして楽しむ

観葉植物は床や棚に置くことが多いですが、最近は壁や天井に吊るす「ハンギング」という手法が人気です。

紐で吊るすことができるハンギングプランターは、S字フックに引っ掛けてどこでも好きな場所に植物を取り入れることができます。

手をつけていない窓際や壁があれば、観葉植物をハンギングさせちゃいましょう。たくさん吊るせば、ボタニカルガーデンを思わせるおしゃれな雰囲気になりますよ。

プランターを壁に取り付ける

吊るすのではなく、壁にプランターボックスごと引っ付けた珍しい事例。立体感があるため、思わず目が行ってしまう印象的な壁になっています。

植物で作る「グリーンカーテン」

「グリーンカーテン」は、植物をネットなどに絡ませて使う自然のカーテン。

日差しを遮ったり、周りの熱を奪う作用があるため、グリーンカーテンを設置すると部屋が涼しくなります。
グリーンカーテンを取り入れてエコで健康的な生活を手に入れましょう。

つる性植物でおしゃれ度アップ

長い茎が特徴の「つる性植物」は、外壁や庭など外で見かけることが多いと思いますが、室内に取り入れることも可能です。

棚や柱に沿って這わせると、おしゃれなカフェのような雰囲気に。つる性植物でワンランク上の部屋をつくりましょう。

家の中にガーデンを作る

植物の周りにベンチやジョウロを置いて、ガーデン風に。

殺風景になりがちな窓際が、まるで屋外の庭のようになっています。マンション住まいだけど自分の庭が欲しい!という人におすすめです。

ベンチに置いてスッキリした印象に

床に直接置かず、ベンチの上に植物を並べることで足元にスペースができ、ゴチャゴチャした印象がなくなり、スッキリしてみえます。

鉢を変えて自分色に

海外のレトロな缶を鉢として使用。

買ったときの鉢をそのまま使うのではなく、自分の好きな物に移し替えるだけで気分が上がります。
今回は植物の取り入れ方の事例をご紹介しました。少し意識するだけで、空間の印象は大きく変わります。毎日に癒しをくれる植物と上手に付き合って、素敵な家づくりを目指しましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る