2015年06月27日更新

インテリア(その他)

ピアノがある家必見!インテリアのポイントになるピアノの配置とは

ピアノがある家の人の悩みは、ずばり「置き場所」ですよね。キーボードなら動かしても音が狂わないのでクローゼットに収納し、必要な時に出して使うこともできますが、アップライトピアノは重量もですが、移動すると調音しなくてはならないのでなかなか移動ができません。グランドピアノを持っているという方は、防音室などの専用の部屋を最初からプランニングしている場合が多いので、今回はアップライトピアノにスポットをあててご紹介したいと思います。

0 お気に入り追加 13648view

階段下の傾斜利用

階段下の傾斜空間を利用して置かれています。インテリア性に富んだ猫脚のデザインのアップライトピアノはホワイトの空間と組み合わせてフォーマルに、そして木目の階段とも相性抜群ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

動物を飼っているお宅には収納式が良いですね。扉を開けた状態でも前に棚を置くことでガードになり、動物がピアノに近づくことができません。完全に開閉できる扉であれば、開けたままの状態でも景観を損ねませんね。

> この住宅のすべての情報を見る

高い天井のある部屋

天井が高いと、弾いている時に響きが違うので弾き心地が違います。素晴らしい音響を求めるなら天井が高いことが一番です。

> この住宅のすべての情報を見る

広い部屋

広い空間は残響を残しやすくなるのでおすすめです。他の楽器とのセッションも楽しめる空間に仕上がっていますね。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングダイニングの広い空間に、茶色のピアノは重たくなりすぎない空間に仕上げてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

小上がりのステージのような空間

ブロックガラスに優しく遮られた光が溢れる明るい空間にヘリンボーンの床がまるでカフェのような空間になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

木材に囲まれた空間

床と天井が杉材に囲まれた空間です。黒のピアノは重厚感があるので、グリーンのカラーの分量を増やして黒を強調しない空間にすると良いですね。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

最近お気に入りされた写真

  • 寝室1
  • ダイニング
  • ガラス張りの浴室
  • 床の間
  • こだわりの家事導線

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか