2015年06月04日更新

インテリア(その他)

間仕切りとは。空間を上手に仕切る・つなげる方法

しっかりと空間を分断する意志を見せるのではなく、どこか繋がっていたいと思わせる間仕切りの存在。
ひとくちに間仕切りといっても、家具の役割を兼ね備えていたり、インテリアオブジェの代わりになったりと、そのスタイルは無数にあります。インテリア要素の高い間仕切りを上手く取り入れることで、よりパーソナルな楽しい家づくりが期待出来ますよ。

1 お気に入り追加 46724view

欲しかったプライベートスペース

自分だけのプライベートスペースでも、程よい開放感と家族との繋がりを閉ざさない距離感を好まれる場合は、間仕切りの工夫で繋がりを。

背の高い書棚で仕切れば、心地よいプライベート感のある書斎スペースに。
間仕切り棚の収納力も抜群で、すっきりと整頓できる優秀スペースです。

> この住宅のすべての情報を見る

ベッドルームも程よい距離感で

部屋全体が統一されているので、ベッドスペースもひとつながりに。
書斎スペースに設けたL字棚が、程よい目隠しになっています。

> この住宅のすべての情報を見る

なんともオシャレな寝室。
2段高くなったそのベッドルームを囲うパーテーションの下部には、間接照明がちりばめられています。決して背の高くない間仕切りではありますが、独立性を感じさせます。

> この住宅のすべての情報を見る

窓辺にあるベッドスペース。
リビングと仕切るのは可動式の間仕切りです。曇りガラスを使用することで、部屋の中まで光を通せて、リビングの閉塞感も感じず、しっかりとゾーニングも出来ています。

> この住宅のすべての情報を見る

ちなみに足下の壁向こうは大きな植物がたたずむ空間。
こちらの仕切りもまたワイヤーフレームだけの簡素なものですが、しっかり間仕切りの役割を果たしてくれています。

> この住宅のすべての情報を見る

柱だって間仕切りに

敢えて壁板を付けず向こうが見えることで、部屋の広がりを感じさせてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

家を支えてくれる柱です。
全てを壁として仕切ってしまうのではなく、程よい穴埋め感を持たせつつ、そこに区切られた空間を位置づけてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

オーソドックスだけど

“ザ・間仕切り”と言っていいほどオーソドックスな間仕切りですが、実はとてもオシャレですよね。こんなに開放的なのに、一面だけ間仕切り壁があるだけで、空間が仕切られていることに気づきます。間仕切りの壁紙をダークカラ―にしたことで空間のアクセントにもなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

キッチンカウンター

対面キッチンも普通となってきた今日この頃ですが、調理台自体がキッチンとダイニング(リビング)を分ける間仕切りになっていますね。
上からつるしているドライフラワーも、さりげなくカーテン代わりの間仕切りに。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらはL字に折れた間仕切り兼飾り棚が、キッチンスペースの領域をより明確にしてくれています。開放的になりすぎないように囲った飾り棚部分は、素材を変えることで圧迫感のでない配慮がされています。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

最近お気に入りされた写真

  • 玄関・趣味室2(撮影:Masahide Iida)
  • 通り土間とつながる開放的な駐車場
  • キッチン
  • リビング・ダイニング
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか