2014年12月09日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

快適な暮らしが実現する!計算されたパントリー特集

パントリー(Pantry)とは、キッチンの一部分あるいはキッチンに隣接して設けられる収納スペースのことで、食品や飲料のほか、日常使う頻度の少ない調理器具や什器類をストックするために利用されています。

0 お気に入り追加 10274view

料理好きの方や、食品買い溜め派さんの夢のスペース、それが食品貯蔵庫パントリー!

enterny.net

出典:enterny.net

設計の段階から、置くもののサイズや奥行き、ダイニングからの見え方も計算してつくられたパントリー。
モノの帰る位置をしっかり決める事が、整理収納の大事なポイントです。ごちゃごちゃしがちなキッチン雑貨や食品類も、統一感を持たせた収納用品を活用することで「隠す収納」と「見せる収納」を楽しむことが出来ます。

リノベーション会社:株式会社 夢工房「木のぬくもりを肌で感じる幸せリノベ」(リノベりす掲載)

収納する際のコツは、普段よく使う食品や食器、季節ごとにしか使わない鍋や大皿、調理家電などをあらかじめ分類しておき、使わないものは高い場所へ、重いものは低い位置へと意識してしまっていくと良いでしょう。最上段は横にして重ねるのではなく、本棚のように縦に並べる収納方法が取り出しやすくて便利です。シンプルな棚を造作してもらう事で、様々なものが収納可能になりますね。

N邸・こだわりのシンプルナチュラル空間

好きな位置に棚を付けることが出来る可動棚スタイルのパントリーにしておけば、生活スタイルや家族構成の変化に合わせて置くものの位置を自由に変える事が可能です。また、食品ごとに置く場所を決めておけば、在庫の有無もわかりやすくて良いでしょう。

onekindesign.com

出典:onekindesign.com

スペースが確保出来るのであればパントリー内にデスクを置いて家事室にするのもオススメ!
夕食の献立を決めたり、簡単な調理をしたり、パントリーの在庫を確認しながら行なえるので便利です。主婦のちょっとした自分の部屋にもなりますね。

オウチ18・仙台 SOHOの家

「見せる収納」をうまく出来る自信が無い…という方も多いと思います。
そういう方は、壁面全体を収納にして、大型の扉で仕切るスタイルのパントリーにしてみてはいかがでしょうか?このスタイルの良いところは何と言っても、普段は使いやすいように開けっ放しでいられて、来客のとき等は扉を閉めれば全て隠せるというところです。家電やゴミ箱も隠せてしまうので、すっきりとした「見せない収納」が可能ですよ。

オウチ15・静岡の二世帯住宅


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面室
  • キッチン3
  • キッチン
  • キッチンにも工夫が満載です
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問