2014年07月04日更新

注文住宅(HOW TO)

建築家が建てた見晴らしのいい家 4選!

窓を開けたらそこには素晴らしい景色が広がっている。そのような環境であるならば是非実現したい大開口の家。
その開口を支える構造は一般的な木造建築では難しく、伝統的な建築構造やSE構法、鉄骨造や鉄筋コンクリート造などが多く採用されます。また風圧計算などの点においてもガラスの選択には注意を払う必要があります。
それでも手に入れた大開口からは遠くの景色までも借景でき、陽の光や風を十分に取入れ健康的な住まいを堪能できるでしょう。
開口のデザインも縦横と方立サッシがアクセントで入る場合、構造体がリズミカルに入る場合、何枚もの引き戸や折戸で全開口になるものなどデザインは多岐に渡ります。大開口ならではの例をいくつかご紹介致します。


端から端まで7mの大開口。引込み戸により全開口を実現でき、フレームレスのすっきりとしたデザインにより屋外で過ごしているかの様な感覚を堪能できます。

012軽井沢Nさんの家

1階部分のピロティを居住スペースへとリノベートし、美しい周辺景色を一望できる大開口の家へと生まれ変わりました。

竹包隠居 tikuhouinkyo

東西の大開口により自然豊かな景色と、プライベートガーデンの静寂感をともに味わう贅沢な空間を共存させます。

緑山の家

甲府盆地を見下ろす大開口。見渡す限りの景色から居心地の良さが伝わります。

見晴らしのよい家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 2F 子世帯_キッチン
  • 洗面所
  • 洗面室
  • 窓側からみたLDK
  • リビング

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問