2017年08月01日更新

衝撃のビフォー&アフター!中古戸建ては外観だけで判断すると損をする?

ネットなどの物件情報から中古戸建を探すとき、まず目がいってしまうのが外観の印象。外壁の色合いが好みだったり、写真映りが良いだけの物件を候補に選んでしまう傾向、ありませんか?でもこれ、すごくもったいない探し方かも!
劇的に印象を変えた外観リノベーションの事例を知れば、これまでとは違う物件の見方が出来るようになるはずですよ。


外観リノベ、どんなことができる?

外観のリノベーションで、まず検討されるのは、外装材の張替えや塗装の塗替え。複雑な工事ではありませんが、既存の建物の外部に腐食や傷みがあれば、その原因を排除し、同じ不具合が生じにくい外装材を選択することが大切でしょう。

構造をそのまま活かすことがリノベーションの基本ですが、その条件の中でも、開口部や屋根の形状を変えることは出来ます。一部増築や減築をすることによっても、建物のプロポーションに劇的な変化がつきます。

また、玄関周りの変更やデッキ、テラスの拡張や張替えなども、比較的取り入れやすく、刷新が期待できます。

戸建リノベーション・リフォーム事例「『~つなげる~ヘヤ』」

第一印象は悪かったけど…

自分達らしい暮らしへのこだわりが随所に感じられるこちらの事例。
実は、リノベーションを前提に中古物件を探すなか、築46年の家を初めて案内された奥様の第一印象は、「本当にここに住むの?」だったそう。

リノベーション会社:株式会社リビタ「築46年の戸建てを無垢な素材感と DIYで好みのテイストに」(リノベりす掲載)

でも、古さにとらわれずに、周辺環境や日当たりの良さなどを優先した家選びは結果的には大成功!
眺めが良い高台の立地を活かしたプランニングの妙は外観にも及んでいます。既存のベランダはデッキ材を張りなおすことで、ベットが気持ち良く寝転ぶテラスに変身。周囲になじみやすいグレーのサイディングに張替え、真新しくも趣ある家に蘇りました。

リノベーション会社:株式会社リビタ「築46年の戸建てを無垢な素材感と DIYで好みのテイストに」(リノベりす掲載)

フルリノベーションでここまで変わる!

築35年の住宅から、ショップ+ギャラリーへとフルリノベーションした事例です。用途も変わるのに、本当にリノベーションで対応できるの?と思いますが…、

バランスの良いプロポーションの既存の建物は、構造をそのまま残して活かしました。にもかかわらず、二階の開口部の面積・デザインの変更などにより、ガラリと印象が変わっていますよね。外装も一新!モノトーンの色調が、落ち着きの中にも、きりりとした緊張感を滲ませています。

こちらは築38年、RC造のリノベーション。

日当たりの良い南側の開口部を深い軒で覆い、木製のサッシや、バルコニーのルーバーなど、随所に木の風合いが加わったことで、日本家屋らしい品格をもつ外観に刷新されました。

外観も住まい方もモダンにチェンジ!

生まれ育った実家の平屋に、半地下のインナーガレージを盛り込む難工事に挑んだリノベーション。既存の家の面影を守りながら、趣味を極めた家への変換を試みました。

ガレージという新たな要素を屋内に取り込んだために、ファサードの印象もどこか遊び心を感じさせます。外壁にモノトーンの塗装を施すことで、既存の趣に現代性が加わり、さらに魅力を増したようです。

劇的ビフォーアフター!

増改築を重ねてきたことで、設備・配管、間取りが複雑に絡み合う建物のリノベーション。見ただけで、お手上げ!と思ってしまいそうですが…、

建物の一部を減築し、外壁に這うように幾重にも露出していた配管類を整理することで、驚くほどすっきりしたファサードに生まれ変わりました。

メンテナンスを考えて外装材を選択

築32年の立派な邸宅。ですが、シンプルモダンな外観が好みの施主には、時代を感じさせる和風の外観は好みに合わなかったということでした。

寄棟のオーソドックスな屋根を、耐久性の高いフッ素樹脂塗装ガルバリウム鋼板の片流れ屋根にリノベーション。外壁は金属サイディングを縦張りに張替えることで、シャープな洋風の外観にリフレッシュしました。メンテナンスも視野に入れて、外装材を慎重に選択している好例です。

プロポーションが変わると、景色も変わる

既存の壁の上に、そそり立つような斜めの外壁を新設して、ファサードデザインを一新した、斬新なリノベーション。真っ白の外壁と、奥まった開口部がつくる陰影とのコントラストが鮮烈です。

戸建リノベーション・リフォーム事例「荻窪のリノベーション」

築63年の民家のリノベーション。母屋を囲んでいた下屋部分を一部、ブロックを抜き取るように減築すると、外部とより親密につながる新たな空間が生まれました。どっしりとした既存の建物のプロポーションをあえて崩すことで、軽快感が生まれています。

戸建リノベーション・リフォーム事例「おかやまのいえ」

庭がないとあきらめないで!

庭のある家に住みたいけど、そんなスペースないし。ここでは人通りも気になるから無理かな…、

ファサードに面したインラーテラスで、あたかも庭のようなスペースが出現しました。人目を逃しながらリラックスできるのもポイント。外観にも華やいだ雰囲気が溢れ出します。

街並みを盛り上げる!外壁のデザインでイメージアップ

最後に、特徴ある外観が街並みにインパクトを与えている事例から。

過疎化がすすむ町にある、築50年の賃貸アパートのリノベーションです。町に元気を取り戻したいという想いを、明るい色彩の塗装に込めました。手すりや階段の素材も、既成概念にとらわれないこだわりが感じられます。

戸建リノベーション・リフォーム事例「宝塚中古再生」

通りがかる人たちが、思わず「かわいい!」と声を上げるという、オレンジのファサード。複雑だった屋根の形状を、シンプルな三角屋根にし、外壁の一部は屋根材を張って鱗のように仕上げています。

戸建リノベーション・リフォーム事例「可愛らしく変わった、リノベーションアパートメント」

リノベーションで理想の外観に近づけることはきっとできるはず。だからこそ、家選びの際は、家族の思いや、周辺環境・立地など、変えられない他の大事な条件に目を向ける、確かな判断力を持ちたいものですよね。

この記事を書いた人

tennto1010さん

理想の家のために三回家を建てたいと夢をみながら、コツコツ勉強中…。
二級建築士 インテリアコーディネーター

最近お気に入りされた写真

  • 緑に囲まれたバスルーム
  • 中庭の見えるリビングダイニング
  • 玄関
  • 玄関
  • みんなで楽しむキッチン

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?