2015/07/30更新1like7066view一の瀬かのん

キッチンのオープン収納をステキに飾ってしまうコツ

必要なモノがどこに置かれているかすぐに分かる。これは、作業効率を上げるうえでも第一に重要な事です。
キッチンでの作業は時間との戦いです。オープン収納をマスターして、キッチン作業効率を上げ、収納上手そしてお料理上手な奥様になる為の参考例をご紹介致します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

アイレベル上をオープン収納に。

フードまで揃えられたウッディーなキッチン。
一部、ホワイトの扉のキャビネットを入れてアクセントにしています。
天井から吊られたオープン棚には、普段使いの食器を収納します。
ほしいものにすぐに手が届くので、作業効率はかなり上がるでしょう。

出典:decoholic.org

天井から吊られたオープン棚には、間をとりセンス良く食器を並べています。
ダイニングキッチンの雰囲気にあうような、シンプルな食器をセレクトし、シンプルな部屋になっています。使用する食器にも気を使い、ひとつの空間をつくっていく何て楽しいですね。
キッチンの背面に設置されたオープン棚。
土鍋や急須、湯のみ茶碗など、ちょっと個性的なデザインのものを並べて、見せる収納。
一度収納の腰下や上部へ収納してしまうと、出すのが億劫になってしまう重めの鍋などもここに置いておけば、日常的に使用できますね。

アイランド、ペニンシュラ型のキッチンのダイニング側をオープン棚に。

暖かみのある木目のキッチン。
ダイニング側の収納をカウンター下に引出し、その下をオープンにしています。
引出しには、カトラリーやダイニングで使用するランチョンマットや箸置きなどを収納するのに便利です。
オープン部には、コーヒーカップやトーストを乗せるお皿、そして、卓上で使用する調味料も使用しないときの置き場所として利用するのも良い方法だと思います。
タイルカウンターの下は、全てがオープン棚。
これだけの収納量は魅力的です。カップや、取り皿、棚板の位置を調整して、トースターやコーヒーメーカーなどの収納場所にするのもいいかもしれません。

充実のオープン収納。

上段には、木箱を置いて収納。
中段には、グリーンを飾ったり、ボトルや缶など。
下段には、グリーンそして、ボックスや瓶、そしてハンギングでカップも。
下段の下には、レーリングが取付けられていて、カトラリーやワイングラスを。

インテリアも兼ねて計算されたオープン収納は、センスの見せ所です。びっちり収納するのではなく、観葉植物やハンギングで動きを付けるアイディアは見習いたいです。

出典:decoholic.org

見える事、見せる事のメリット。

見える事に依って、作業効率がアップする事は冒頭でお話しした通りですが、更に素晴らしいメリットがあります。

1つは、見える事に依って食器などのホコリや汚れもよく見えます。
見えるからこそ、マメにお掃除したり整頓したりする事になります。つまりは、見える事でマメに整理整頓、そして清掃する様になります。

もう1つは、見せる事のメリット。
見せる事は、デザイン、コーディネートするという事。センスの見せ所。
収納する事が、コーディネートですので、季節によっても収納を替えたり...収納が楽しくなります。

いかがでしょうか?皆様も是非、お試しください。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

同じテーマのQ&A

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る