2015年05月07日更新

インテリア(カラーコーディネート)

ワントーンコーディネートでお部屋をスッキリコーディネートしてみよう!

ワントーンのコーディネートはお部屋をスッキリまとめてくれます。色によっては広く見えたり、明るく見えたり、「色の効果」も期待できるものもあり、ワントーンでまとめるコーディネートが人気です。たった1色、ワントーンに揃えるだけなので、色だけ気を付けてお部屋作りができる簡単なコーディネートとも言えます。
今回は「ワントーン」でコーディネートされたお部屋をご紹介します。


【White】

広く見えるホワイトは、光も反射してくれ落ち着いた雰囲気を演出してくれる色。
床のパネルタイルが光を反射し明るさを増しています。

home-designing.com

出典:home-designing.com

少しだけネイビーやチェックのクッションを置きアクセントに。
可愛らしいカーテンとムートンラグで柔らかい印象を与えてくれます。
リビングに鏡を置く事でこちらも広く見せるワザのひとつ。

hometrendesign.com

出典:hometrendesign.com

白のオットマンが2台ならび贅沢なインテリア。
全体的に家具の高さを揃えているのも統一感がでるワザのひとつでもあります。

kitchenziel.com

出典:kitchenziel.com

レザーのソファとムートンラグの異素材のコーディネート。
メタリックなテーブルは鏡のかわりになり、明るさと広さをプラスできる便利アイテム。

decobizz.com

出典:decobizz.com

女性は憧れのお姫様空間。
レース素材のシャワーカーテンやロココ調の家具が高級感を演出してくれています。

netstyleshopper.com

出典:netstyleshopper.com

【Red】

アジアンテイストに見せてくれる色。
妖艶なイメージもある赤は、個性派のお部屋にもおすすめです。

tumblr.com

出典:tumblr.com

モダンテイストのお部屋には欠かせない赤。
カーテンや椅子だけでも大分印象は変わります。

deviantart.com

出典:deviantart.com

【Yellow】

柔らかい黄色から、ビビットな黄色を使い主張しすぎない黄色の使い方は上級者スタイリング。ちょっとブラウンを足す事でこんなにも落ち着いた印象に。

fancycribs.com

出典:fancycribs.com

カーテンに使う事で光が反射して、より明るく見えます。フロアマットにも黄色を使い、他の白壁と上手に共存させることで優しいイエロー使いができています。

fancycribs.com

出典:fancycribs.com

【Green】

自然色の中にもあるグリーンは親しみもある色。
私たちを癒してもくれるグリーンは落ち着いた雰囲気でリラックスできそうです。

thewowstyle.com

出典:thewowstyle.com

壁使いにしても主張しすぎない柔らかいグリーン。
和風テイストにも使える色なので、日本人は好きな色のひとつではないでしょうか。

thewowstyle.com

出典:thewowstyle.com

【Blue】

今年はデニムの流行から火が付き「クラシックブルー」が人気色。
これだけのブルーを使いながらしつこくないのは、ブルーのなかでもメリハリがつくようにグラデーション使いしているから。同系色でまとめるのもオシャレ上級者のセレクト法。

myvibemylife.com

出典:myvibemylife.com

優しいブルーでの統一。
アジサイのような優しい色使いは、取り入れやすいカラーコーディネートです。

starmanner.com

出典:starmanner.com

様々なワントーンコーデをご覧いただきました。
「色をまとめる」事や、「同系色をまとめる」だけでもお部屋はスッキリとした印象に。
好きな色を決めて是非ワントーンコーディネートでお部屋をスッキリした印象につくってみませんか?


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 赤坂の家 廊下
  • 2階子供部屋
  • ダイニング1
  • 広々としたエントランス
  • 緑を感じる庭

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問