2015年06月08日更新

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

ワンルームでもメリハリの感じられる部屋作り

ワンルームと言えば、シングル向けのコンパクトなマンションを想像する方も多いと思いますが、最近ではリノベーションで2LDKをワンルームに作り直したり、広々とした間取りを求める方も増えています。壁が少ないので、部屋の中にメリハリを作りにくいのがこの間取りの難しいところですが、色々と工夫することで見た目もおしゃれで居心地の良い空間になります。素敵なアイディアが詰まったワンルームコーディネートの事例を見てみましょう。


床の高さを変える

ダイニングとリビングの床の高さを変えることによって、空間の差別化が図れるようになります。こちらのお宅では床の下に照明が仕込まれているので、夜はより一層二つの部屋の違いを感じることができます。

リノベーション会社:Renomama (リノまま)「港区のSOHO」(リノベりす掲載)

間仕切り壁

部屋の中でも特にプライベートを守りたい寝室は、間仕切り壁で囲うだけでも独立した雰囲気の空間になります。このくらいのコンパクトスペースで眠る方が落ち着きそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

間仕切り棚

壁ではなく棚で間仕切ることもできます。ベッドをすべて隠すほど大きな棚でなくても、少し仕切りがあるだけで個室感が生まれます。雑貨を飾ったり本棚として使うこともできるので便利ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

天蓋

天井から天蓋を吊り下げるだけでも空間に特別感が出て、部屋にメリハリが出ます。ベッドではなく、ソファ周りに下げるのも優雅でおしゃれな雰囲気になっておすすめです。

出典:pinterest.com

ロールカーテン

ロールカーテンなら必要な時にだけ間仕切りを作ることができるので、来客時にだけカーテンを下げるなどの使い分けが可能です。オープンキッチンの目隠しなどにも使えそうです。

出典:buzzfeed.com

リノベーションの場合は構造上撤去できない柱が出てきますが、それをゾーニングに利用するのもいいアイディアです。柱があることで空間に区切りが感じられるようになります。

リノベーション会社:LOHAS studio「埼玉県H邸」(リノベりす掲載)

ラグ

寝室とリビングで空間の雰囲気を変えたいのなら、床にラグを敷くだけでも印象が変わります。これなら視界を遮ることがないので、広々空間のままお部屋を使うことができます。

出典:trendey.com


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • 書斎2
  • 和室
  • 屋上から山脈を眺望する開放的な家
  • ポーチ2
  • リビング
見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。