2014年11月18日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

古民家リノベで快適!落ち着く家づくり

古く懐かしい古民家。一見古く見える古民家も、昔の職人達の知恵と工夫が詰まった骨組みは味わい深く、温かみのある素晴らしい素材です。老朽化した古民家を話の味わいを残し、現代の耐震強度に耐えられる強く暖かい住宅に再生する、「古民家リノベ」に注目が集まっています。


日本家屋の佇まいを残したまま現代の生活にフィットするようにリノベーションされた住宅。
柱もデザインのひとつとなって、広い空間を支えています。縁側もあり、外を楽しめる家。素敵ですね。

懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション) (LD)

縁側のある暮らしは、天候との共存。雨の日ものんびりできりる縁側で、ゆったりとした時の流れを感じる事が出来そうです。

懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)

築100年を超える古民家も、リノベーションで快適に。コストも抑えられて、趣のある風合いになります。使い勝手も考えられて、ゆったりとした空間が出来上がります。

ゲストハウス無我/GUEST HOUSE MUGA (中庭)

広い敷地を有効に活用した中庭に、大きな松の木が見事です。敷地に入ると、時の流れをゆっくりと感じる事が出来そうですね。

ゲストハウス無我/GUEST HOUSE MUGA

築80年の古民家でも、もとが大工の技術力や材料の品質の高い住宅の場合、新たに耐震補強するよりも、適切な修繕を行うことで、その広い空間を活かしながら、より快適に暮らす事ができます。

伝統構法を生かした美しい耐震改修 (民家の耐震改修)

暗くなりがちな古民家も、吹き抜けを作ることで光が差し込む心地良い空間に変わります。
木のぬくもりが、癒しの空間を演出してくれます。

伝統構法を生かした美しい耐震改修

うなぎの寝床、と言われる間口が狭く奥に長い京町家も、リノベーションで広々とした空間を作り、光を取り込むこともできます。京町家の趣を色濃く残すのも素敵です。

東山の家 (前庭)

前庭にギャラシーを設けて、趣味を楽しむスペースがあるのが素敵です。生活を楽しむことのできる家づくりを目指したいですね。無垢の床材を使うことで、部屋全体が明るくなる印象です。窓枠のデザインはそのまま活かされて、レトロな印象を残してくれています。

東山の家

老朽化した京町家を若い方向けに再生しています。
明るい雰囲気と、目隠しの格子がモダンな印象を醸し出します。

京町家の再生 (外観)

外からは想像できないほど、リビングは広々と使えます。しっかりとした作りだからこそ出来る広い空間は、快適に生活が出来るポイントです。

京町家の再生


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • DINING1
  • シンプルな外観
  • 外観
  • 間仕切り壁のあるLDK(本棚&書斎)
  • 中庭

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問