2018/12/15更新0like1092view太田みお

忙しい人が、年末の暮らしを整える方法ポイント3つ【心地よい暮らしのレシピvol.21】

掃除のポイントは3つあります。特に忙しい人にとっては、「大掃除をしなければ」という思いはとても負担になるでしょう。油汚れなどが落ちにくい寒い年の瀬に、キリキリした気持ちで、無理に家中をピカピカにする必要はないと思うのです。とはいえ、何もしないのでは、暮らしが引き締まりません。
忙しい人におすすめの、年末の暮らしを整えるポイント3つをご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

掃除のおすすめポイント3つ

家を綺麗にする際におさえておくべき場所は、「玄関」「水まわり」「キッチン」の3カ所です。

ここさえ綺麗にしておけば、あとは「ついで掃除」でよいと思っています。それは後で説明するとして、まず大事な3カ所を見ていきましょう。

年神様をお迎えする玄関

玄関は、年神様をお迎えする神聖な場所。3つの中でもここだけは特に、整えたいところですね。

まず、不要な靴や傘がないかチェックして処分しましょう。そして、溜まった汚れやホコリを綺麗に拭き取ります。
それだけで家によい気が流れこんでくる気がするので不思議です。

年神様をお迎えしたら、居場所となる鏡餅を飾る場所、依り代(よりしろ)も綺麗に確保しましょう。
お正月のお花飾りをこちらに飾れば、年神様をお迎えする準備は万端です。

風水的に運気を左右する水まわり

第2のポイントは、水回り。体の汚れを洗い流すバスルームは「悪い運気を流す場所」といわれており、風水的にも大切な場所です。

排水溝のぬめりを洗剤とブラシで取ったり、水栓金具が光るようにぞうきんで拭き上げたり。
できれば溜まったカビなども、洗剤を使ってきちんと取ってしまいたいところです。

トイレ掃除もいつもより入念に。
水垢は、100円ショップなどで手に入るメラミンスポンジを使うとよく取れますが、買いに行く暇がない!という方は、不要なストッキングを使って拭いてもOK。
最後のポイントは、キッチン。

キッチンは、自分と家族の健康をつくる大切な場所。でも同時に、もっとも汚れや不要品が溜まりやすい場所でもあります。
火や水を使うのでさまざまな気が入り乱れており、ここを整えると心理的にも安定するといわれています。
まずは賞味期限切れの食材や、使っていない割り箸やストローなど、不要な道具がないかチェックし、モノを処分しましょう。

わが家のキッチンからはこれだけ不要品が出ました。賞味期限切れの食材や、壊れた調理家電、使わない空き瓶など。
引き出しの中はすべてのモノを取り出し、アルコールスプレーと雑巾を使ってすっきりと拭き掃除を。
必要なものだけを残して分類し、使用頻度の高いものを手前に並べて、収納を見直しましょう。
普段こまめに掃除することがなかなか難しい、コンロや換気扇の油汚れ。

これは、アルカリ性の洗剤で雑巾やブラシを使って綺麗に拭き上げます。ピカピカに光ると気持ちいいですね!

他の場所は「ついで掃除」でOK

ほんの2〜3分で終わる追加作業。これを日々重ねていくと、新年を迎える頃には気持ちよく整うでしょう。

忙しい人は、「大掃除だ!まとめて家中を綺麗にしよう!」と意気込むのではなく、小さなところから少しずつ。ちょっと意識して年末に向けて暮らしを整え、気持ちよく新しい年を迎えられる準備をしたいものですね。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

太田みおさん

料理家/ライフスタイルデザイナー。おもてなし料理とテーブルコーディネートの教室lifestyle atelier MAGNOLIA主宰。企業へのレシピ提供やコラム執筆も行い、「暮らしを美しく、心をゆたかに」をモットーに、食卓から幸せを創り出す活動を行っている。

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

注文住宅の依頼先を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る