2017年07月07日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

むしむし・ジメジメのこの季節…清潔にバスルームを保つ方法!

梅雨真っ最中。7月に入り本格的に蒸し暑くなってきて、お風呂掃除は汗だくの重労働です。近年のシステムバスルームは床材や壁材も進化し、汚れや傷に強いものが随分増えてきましたが、やはり大切なのは毎日のお風呂後のお手入れと換気、定期的なカビ取りです。
今回は、流行りのお手入れグッズとともに実用例をご紹介します。


バスルームの換気のポイント

先にも述べましたが、バスルームを清潔に保つ最も重要なポイントは『換気』です。

メーカーも恐らく24時間の常時換気を推奨しているはずですが、『常時換気』の他に『換気』という、よりパワーが強い換気の選択肢があれば、バスルームの使用後にタイマーで数時間セットしておくとよいでしょう。換気のパワーが強いと、換気扇内の水分も留まりにくくなるのでおすすめです。

そして、換気中はバスルームの扉を閉め切らないようにしてください。扉を10センチほど開けておくと空気が循環して換気環境が良くなります。逆に大きく開けておくと、浴室外へ湿気が流れ込み、脱衣スペースの湿度があがってしまうので注意しましょう。

大きな窓でしっかり換気!

カラリと晴れた日には窓を開けて換気すると気持ちいいですね。

二世帯住宅事例「二世帯の生活を中庭が繋ぐ( 大東の家 )」

テラスや中庭に続く掃き出し窓があれば、バスルーム特有の閉塞感もなく、まるでリゾートホテルのよう。防犯やプライバシーの問題がクリアできれば、ぜひ取り入れたい間取りですね。

注文住宅事例「フロ好き家族の中庭のある家」

今話題の燻煙剤で黒カビ対策

5分間煙が出続けます。

出典:Instagram

#オキシ漬け でピカピカに!

シャワーヘッドも一緒に漬けておくとピカピカに!

出典:Instagram

こちらのお宅は大きな窓もあり、換気対策もばっちりですね。

出典:Instagram

せっかく浴室乾燥がついていても、カビやヌメリの残るバスルームで洗濯物を乾かしても気持ちよくない!この時期だからこそ、清潔なバスルームを保ちたいものです。

私自身、流行りのお掃除グッズには目がなくて、SNSで話題の新商品はすぐに試してみたくなるタイプ。今回は、もはやお掃除の定番グッズとなった2つを取り上げてみました。日々の換気やお手入れに、是非プラスしてくださいね。

この記事を書いた人

yuriyuri*さん

インテリア好きが高じて、インテリアショップ、ショールームなどで働く。
家族は夫と小学生の子どもがふたり。
目下、子ども部屋作りのことで頭がいっぱいです。

最近お気に入りされた写真

  • 浴室2
  • シェルフ
  • キッチンバックヤード1
  • 吹き抜け
  • ダイニングとキャットウォーク

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自分らしい家、誰とつくる?