2015年09月06日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

リゾートのような空間で毎日を過ごす"オーシャンビューの住まい"

海を眺めながら暮らすことは、多くの人が憧れる生活です。新築の際、また定年後の住み替えの時にも、海の近くの立地を検討する方は多いのではないでしょうか。今回は海に面した高台の好立地の住宅から、生活の場を2階に集約して眺望を満喫する家まで、素敵なオーシャンビューの住まいをご紹介します。


海の景色を内部に取り込む家

白を基調にしたリゾートホテルのようなシンプルで上質な住まい。海をテーマにしたディテールを随所に取り入れたデザインも特徴です。スロープを設けバリアフリー仕様の設計に。

SEE SEA HOUSE (海が見える家) (夜景)

リビングは最大限に設置した開口部により、海の景色を内部に取り込むような開放感を味わえます。まるで海の上に浮かんだ客船の中にいるような感覚に。

SEE SEA HOUSE (海が見える家) (リビング)

リビングから連続するウッドデッキはバーベキューやスポーツが楽しめる広さ。リゾート感覚で海風と陽射しを楽しめる贅沢な空間です。

SEE SEA HOUSE (海が見える家)

播磨灘と鳴門大橋を望む別荘

標高 80mの高台にあり、播磨灘が見渡せる南あわじ市の別荘。箱型のシンプルなフォルムに、強い海風を防ぐ飫肥杉の鎧戸が印象的な外観です。周辺環境との連続性や資源エネルギーにも配慮してデザインされました。

オーシャンヴューの別荘 (庭側の外観)

広間とつながるウッドデッキは屋根の下に組み込まれ、鎧戸を開け放てば内と外がつながる開放的なスペースに。圧巻の眺望が広がります。

オーシャンヴューの別荘

3本の筒を見晴らしのいい空間でつないだ家

「絶えず海を見ていたい」という家族の要望に応えて設計された家。夫婦用と2本の子ども用の筒状の空間を設け、それをつなぐ形で家族が集うスペースを設けています。

O house (海に臨む家) (外観2)

1階にはクロークや勉強室を置き、見晴らしがいい2階にリビングやダイニングを設置。リビングからは海と空が大きく広がる見事な景色が楽しめます。

O house (海に臨む家)


この記事を書いた人

joker7さん

プロのコピーライターです。
仕事上の経験から培った価値ある情報を発信していきますので、
どうぞご期待ください。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 子供部屋1
  • リビングダイニング
  • 2階子供部屋
  • 玄関
  • 緑を感じる庭

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問