2017/03/12更新0like13726viewtennto1010

玄関を抜けるといきなりリビング、キッチン!〜垣根をとってフリーなアクセス〜

玄関ホールや廊下をなくし、玄関から直結したリビングやキッチンが出迎えてくれる家があります。内と外との距離が近づくことで、生活はどのようにかわるのでしょうか?垣根をなくした生活を想像しながら、事例を見ていくことにしましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

エントランスリビングが迎える家

玄関とリビングを兼ね備えた広々とした空間が、訪れた人を迎えます。親しい人との時間を、土足のまま招き入れるフランクなスタイルで過ごすことが出来ます。緑豊かなテラスとの一体感が、空間を一層豊かにしていますね。

キッチンカウンターが迎える家

最も生活感が出る場、ともいえるキッチンが迎える家。垣根をなくして出迎える気持ちを象徴しているようです。「おかえりなさい」や「いらっしゃい」の言葉が、帰ってきた家族や訪れた人にすぐに届くのっていいですよね!
一番先に目に入るからこそ、“家の顔”となるキッチンの見せ方は重要。デザインや素材にこだわった、重厚な家具のような存在感が際立っています。
ハンズデザイン一級建築士事務所「千葉県船橋市『私たちの家』」

デッキテラスから出たり入ったり!

外階段を上がった2階には広いデッキテラスがあり、デッキに面した全面開口の一部が玄関になっています。この場所なら、のびやかで気持ちのいい玄関になることは間違いないですね!
2階のテラスなので、適度にプライバシーが保てるのも安心です。

自然との距離を縮めるフリーアクセス

建物をウッドデッキやバルコニーが取り囲み、緑豊かな周辺環境を屋内に取り込んでいます。ウッドデッキから直接リビングにつながるオープンな玄関は、屋外と室内とをつなぎ、自然と近い生活を毎日実感させてくれることでしょう。

シニア世代にもやさしい、フリーアクセス

こちらは二世帯住居の事例です。お互いが集い、コミニュケーションを取る場として広々としたエントランスデッキが設けられており、車椅子使用時には、デッキから直接1階リビングに入りことができます。気持ちの面でも、機能の面でも、様々な意味をもつバリアフリーな玄関です

囲炉裏が迎えるコミュニティスペース

家族が語らう場として、また、扉を開ければ近所の人を隔てなく迎える場となる囲炉裏のある家です。暖かな雰囲気に導かれて、思わず足を向けてみたくなる空間ですよね。

賃貸住宅に多目的スペースをつくるという試み

賃貸住宅用の住宅を、あえて個性的な間取りにリノベーションしました。玄関を開けると、近所の人が気軽にお茶を飲んでいけるような、多目的に使えるライブラリースペースが迎えます。柔軟な住まい方が出来る人限定の試みです!
オープンな生活、想像できましたか?玄関とダイレクトにつながる家には、プライバシーや冷暖房効率の問題など課題もありますが、何かと閉鎖的になりがちな現代の生活に、オープンな視点を取り入れてみることも大事かもしれませんね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る