2019/01/30更新1like706viewさくらゆきの

断熱だけじゃない!インナーサッシでもっと快適な毎日を

二重サッシ・内窓・二重窓などとも言われる「インナーサッシ」。既存の窓にもう一枚窓を加えて設置することで断熱効果が期待できるものですが、他にも長所があることをご存知ですか?実は、結露対策・防音・防犯・美観にも一役買うことができるすぐれものです。インナーサッシがある暮らしの快適さをご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

インナーサッシで断熱効果

インナーサッシを設置することで一番期待できる効果は、やはり断熱。

窓は室内の熱を逃がしてしまう割合が大きい場所。いくらエアコンやストーブで部屋を快適な温度にしても、断熱対策をしていなければ意味がなくなってしまいます。

インナーサッシを設置するだけで、外気温の影響を受けにくくなり冷暖房効率がアップ。部屋の温度を快適に保ちつつ、光熱費節約にもつながります。
マンションリノベーションの場合、既存の窓サッシや窓ガラスは管理規約上交換できないことがほとんど。
しかしインナーサッシの設置なら、室内にもう1つ窓サッシを取りつけるだけの工事なので、ほとんどの場合は実施可能となります。

インナーサッシで結露防止

インナーサッシを設置すると、結露を防ぐことができるようになります。

結露は、外気で冷やされた窓ガラスや窓サッシに、室内の湿気を持った空気が触れて発生するもの。インナーサッシは、ガラスを二重にすることでそれを防ぎます。

窓周りの水濡れがなくなることによってカビ予防になり、家族の健康を守ることにもつながります。

インナーサッシで防音効果

楽器を扱う部屋にインナーサッシを設置した例。

気軽に防音効果が期待できるので、近隣への音漏れが気になる場合はおすすめです。
室内でワンちゃんを飼っているお宅にも、インナーサッシはうってつけ。

筆者宅では小型犬を飼っているのですが、犬の吠える声が近隣に漏れにくくなっているため安心です。
筆者撮影

筆者撮影

インナーサッシで防犯効果

インナーサッシでは窓だけでなく鍵も二重になるため、防犯効果も期待できます。窓を壊して侵入しようとしても時間のかかる住まいは、犯罪者に狙われにくくなるもの。

筆者宅では、1階の窓すべてにインナーサッシを設置してあります。
筆者撮影

筆者撮影

インナーサッシで美しく

窓枠をインテリアに合わせることで、室内をより美しくできる効果もあります。既存の窓が変更できないマンションでもOK。

優しい雰囲気の部屋にマッチした白枠のインナーサッシが、部屋のポイントになっていますね。
てまひま不動産「風や光の通り道を創り、心地良い時間を楽しむ暮らし」
こちらはリビングダイニング。

既存窓のそっけないサッシのままではつくり出せない、素敵な窓辺になりました。
てまひま不動産「風や光の通り道を創り、心地良い時間を楽しむ暮らし」
インナーサッシはカラーバリエーションが豊富なので、室内にあった色味を選ぶことができます。
筆者撮影

筆者撮影

インナーサッシを安く手にいれるには

インナーサッシを導入するには費用が気になるところ。窓の数が多い住まいならば、費用は特に気になりますね。
自治体によっては助成金を出しているところもあります。お得に設置できるチャンスなので、ぜひ調べてみてください。

東京都の例:「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」
さまざまなメリットがあるインナーサッシ。エコで快適な住まいを手に入れたいとお考えの方は、ぜひ導入を検討してみましょう。また、お得に設置できる補助金情報を見逃さないよう、マメに自治体の広報誌やサイトなどをチェックしてみてください。
お気に入り

SUVACOでできること

家づくりの学び舎

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

家づくりの専門を探す
専門家選びのご相談はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A