2015年03月14日更新

インテリア(その他)

空を切り取り、室内に光を取り入れる~トップライト事例集~

夜間の室内の明るさの主役は室内照明ですが、昼間の明るさの主役は何といっても自然光です。太陽の恵みである自然光を家に取り入れるというのは、とても贅沢な明るさです。トップライトはまさにその贅沢な明るさを家にもたらせてくれる、魅力的な存在であり、その形状や大きさによって個性ももたらし、家の印象も大きく変えることができます。
トップライトによってもたらされた自然光による素敵なお家をご紹介いたします。


トップライトから吹き抜けへ自然光を落としています。さらにグレーチングからも自然光を落としてくれるので、光の陰影が個性的に映し出されます。

まるで雲のような天井の斜面から覗いたトップライトは、雲の隙間から覗いた太陽の光そのものを表しており、室内にいながらも外にいるような気持ち良さを感じることができます。

トップライトの幅はそれほど広くはありませんが、長めなので自然光の入り方が時間帯によって徐々に変化する楽しみがあり、面白みがあります。

洗面室は水周りなので寒々しい印象を受けやすいものですが、そこにトップライトを持ってくることで、自然光の温かみが水周りの印象をガラリと変えてくれています。

リビングダイニングに設置された細かくコンパクトなトップライトではありますが、その数の多さが遊び心を感じさせます。壁面が白いことで、少量の自然光でも効率よく反映されるトップライトになっています。

和風モダンな室内にやわらかい印象を残してくれるのは、自然光のおかげではないでしょうか。光の入ってくる量が多すぎないので和風モダンな空間を邪魔していません。

浴室にあるトップライトは夜に楽しみをもたらせてくれます。見上げると夜空を眺められる入浴は、最高のリラックスタイムです。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • LAVATORY
  • リビングダイニングキッチン
  • リビング
  • 自然環境にも恵まれた都心部で自身のこだわりをカタチにした家
  • リビング・ダイニング・キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?