2016年06月17日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

風景と馴染む!~ 風土に寄り添う住宅 ~

本来、住宅や建物には、その土地に根付くスタイルがあります。
気象や降雪、風などを考慮し、その風土に合う建築スタイルや工法、建材、屋根の設え方、はたまた庭や玄関先の設えなど様々な違いがあります。
それらが集合体となることで集落となり、今でも日本各所に趣のある景観をもつ集落がいくつも存在しています。初めて訪れるところであってもどこかなじみ深い感じがするものです。
また、単体としての日本家屋も平屋住宅では、併せ持つ庭園との調和が美しく、複数階建ての住宅では、構造を伴う木組みの構成の美しさが際立つものです。木造の美しさを兼ね備え、どこか懐かしく、また安らぎを感じる住宅をご紹介いたします。


町屋のような

名古屋市に建つ、戦火を逃れた日本家屋をリフォームした住宅です。
町屋独特のエントランスを彷彿させる門構え、またその先には緑が植えられることで玄関先がやんわりとした光庭となり、明るい光を室内奥深くまで届けます。

『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生)

通り土間には床暖房、壁にはエアコンと暑くて寒い日本家屋を最新設備が補い快適な生活を与えてくれます。

『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生)

焼杉の魅力

伝統的な外壁仕上げの焼杉で設えた住宅。
焼杉とは、木材としての杉板を焼き締め炭化させることで、防腐、防火、また風雨に対しても耐久性を高める働きがある古来よりの建材手法です。
外壁だけでなく、深い軒先、アクセントになるエントランスドアなど、コンパクトにまとまりながらもしっかりと存在感のある住宅です。

焼き杉の家 (外観)

室内空間も巧みに木材を採用しています。

焼き杉の家

広大な土地に

雪景色が美しい北海道に佇む住宅。
この住宅は平屋づくりで、細長く東西に伸び建ち、周囲には圧倒的な景観をもつ羨ましい住環境です。見事に周囲環境に溶け込んでいます。

『DOMA』光・風・景色を楽しむ住まい (外観夜景)

室内空間は、動線として機能する長く東西を結ぶ土間廊下があり、各居室をつなげています。すべての空間から見通すことができる北海道の美しい景観が、日常生活をここならではの豊かなものへと仕立てていきます。

『DOMA』光・風・景色を楽しむ住まい (LDK-昼間とは違う空間に)

土間廊下は昔ながらの縁側のような役割も担っているのでしょう。

『DOMA』光・風・景色を楽しむ住まい


この記事を書いた人

m_saさん

ユーザーだけでなく、街と呼応する建築に惹かれます。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングと連続するサンルーム
  • 20畳のリビングダイニング
  • リビング
  • アーチ壁のあるキッチン
  • 広間

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問