2016年10月16日更新

インテリア(その他)

古材の表情が素敵!「足場板」を活用してすてきな住空間を演出

新築やリノベーションで古材の風合いを取り入れる方もいらっしゃるくらい便利に使える”足場板”は、"古材の再利用”というよりはデザイン性のある内装材としての役割を果たしてくれています。床材や壁材にはもちろん、家具やインテリアにまで幅広く使いたい足場板を素敵に活用した事例をご紹介します。


靴にとっても住人にとってもうれしいシューズクローク

玄関を入ると土間に映える足場板がなんともかっこいいシューズクロークが現れます。靴を直接置く場所としての足場板利用なら、取り入れやすいのではないでしょうか。

路地裏にあるショップの様な家

カフェ風ダイニングルーム

オーダーキッチンのカウンターと収納扉部分に足場板が使われています。壁面に敷かれたレンガブロックとの一体感で落ち着きを増した、おしゃれなカフェ風キッチンダイニングです。

大阪市中央区 リノベーション

程よい足へのなじみ感が気持ちいい「キャットウォーク」

使い込まれた足場板を愛猫たちが大喜びで駆け回る姿が浮かんでくるキャットウォーク。壁にさりげなく足場板を取り入れたこちらのお宅ではキャットウォークとしての利用ですが、猫ちゃんがいないお宅でも飾り棚として使っても真っ白な壁に栄えて素敵ですね!

猫の遊び場とインテリアが一体化。 夫婦と姉妹猫が仲良く暮らす家 - NECODOMA -

アンティーク感漂うもの同士寄り添って

レコードのための収納棚を足場板で作って配置したこちらのお部屋。床の無垢材の風合いとも馴染んでいます。

No.74 30代/2人暮らし (造作レコード棚)

温かく迎え入れてくれる玄関

こちらのお宅は、全面的に床材として足場板が使われています。玄関を入ると、シンプルながらも味わいのある床材に、カラフルにペイントされた扉がアクセントとなり温かい雰囲気を醸し出しています。疲れて帰宅してもホッと癒されそうですね。

名古屋の住宅

居心地のよいダイニング

こちらは前出のお宅のダイニングスペースです。家具や扉、照明と足場板の床が空間を柔らかい雰囲気にしてくれています。

名古屋の住宅

脇役ではない存在感

なんとも言えない古材の風合いが、シンプルな空間をさりげなく引き立てるだけでなく、むしろ主役としての貫禄を見せてくれているとおもいませんか。

名古屋の住宅

足場板を利用した素敵なインテリアや内装を見ていると、あれにもこれにも利用できないかと想像力が膨らみます。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

aozora_sippoさん

アロマテラピーインストラクターの資格を持ち、現在はライティングのお仕事をしながら施設などでアロマやハーブの講座を担当させていただいています。手作りすることが大好きで、インテリアやおうちに関することはもちろん、野菜やハーブの栽培まで身の回りのあれこれを手作りで楽しんでいます。

最近お気に入りされた事例写真

  • トイレ
  • 赤坂の家 廊下
  • 2階子供部屋
  • 借景はグリーンの映えるテラス
  • ダイニング2

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問