2015年03月01日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

私はコレにこだわりました。みんなのリノベ―ション大公開!

人によって暮らしの中で重要視する部分は違います。家族が集まるリビングに重点を置きたい人もいれば、料理好きな人はキッチンにこだわりを持つかもしれません。他の人がどこにこだわりを持って家づくりをするのか、ちょっと気になりませんか?
そんな興味に答えるべく、今回はリノベーションに焦点を当て、住む人のアイディアやこだわりが詰まった”こだわりリノベーション”のお宅をご紹介いたします。


部屋の中央に配置された対面キッチンは、まさにリビングの顔と言えるような存在感があります。特に羽目板のカウンターは、手持ちのアンティークのキャビネットに合うようにエイジング加工され、ナチュラルな味わいを誇っています。

こだわりのキッチンがLDKの主役! - Rabbit -

趣味の自転車を楽しむために、部屋の中心に広々とした土間を造られたお宅です。まるで庭にある飛び石のように床が配置されているため、土間を横切る時も素足のまま渡ることができます。既存の物件では決して出来ない家づくりも、リノベーションなら自由自在ですね。

リノベーション会社:石井大吾デザイン室一級建築士事務所 「自転車、読書、音楽、料理……。 趣味を楽しめる土間が中心にある家。」(リノベりす掲載)

パリ・プロヴァンス地方のインテリアを目指したというお宅のベッドルームは、一度は憧れてしまうような天窓付きの屋根裏部屋風で、とてもロマンティックです。こんなお部屋で眠れるなんて素敵過ぎます。

U邸・南欧の田舎家にあこがれてゆったり暮らす

床をよく見てみると、市松やヘリンボーンなど床板の貼り方が3種類に分けられています。壁がなくても床板の貼り方一つで空間に境目ができるという、こだわりの手法です。

ユカMANIA

どこかレトロさを感じさせる洗面台には、実験用のシンクが使われています。洗面台によくある多機能収納をあえて使用せず、シンプルに削ぎ落とされたインテリアがシャビーな雰囲気によく合っています。

リノベーション会社:総合建築職人「会両親とほどよい距離で暮らすため隣の空き家をフルリノベーション!」(リノベりす掲載)

築50年の古民家リノベーションは、古い天井の梁を見せることで温もりを感じさせるリビングになりました。すべてを新品にするのではなく、古い物の良さを活かしつつ新たな住処を造ることができるのもリノベーションの魅力です。

U邸@吉祥寺


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニング
  • LDK-リビング側
  • ぬくもりのある畳リビング
  • リビングルーム
  • 1階お店

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問