2015年02月25日更新

おしゃれな部屋事例(玄関)

ただ単に広い玄関空間と思っていませんか?自分らしい土間の活用方法

日本古来から重宝がられていた土間。家の中でありながら、土足が許された空間は、多用途の空間として現代に引き継がれています。使い方はまさに十人十色。個性あふれる土間の使い方をご紹介します。

2 お気に入り追加 17587view

玄関に広めの土間を設けました。自転車を置くスペースがあれば、自転車も風雨にさらされずにすみますね。土間の風合いと照明、窓の配置まで計算され尽くした空間になっています。

大阪府豊中市 リノベーション

こちらも玄関土間に自転車を置く使い方です。自転車がオブジェのような役割を果たしてくれています。リビングとひと続きになっているこの空間は、まさに外と中の中間として屋外で使用するものを置いたり、書斎コーナーとしてパソコンを置いたりとマルチな使い方で力を発揮しています。

代々木のDINKSの住まい

若い夫婦と小さな子供のために建築されたこの住まいは、テラスに続く空間を土間にしました。室内から土間に続く場所には、小さな階段を設けています。小さいながら土間と室内空間をつなぐ役割を果たし、ここに腰掛けて子供に話しかけるお母さんの姿が目に浮かびます。

HouseH

広めにとった玄関土間に薪ストーブを設置しました。こちらの住居は2階にリビングが配置されているので、この暖炉スペースが第二のリビングとして来客時には活躍するそうです。

群馬県館林市・ガレージとソト土間のある家|Beetle House

薪ストーブが設置された土間を家の中心にもってきました。土間を一段下げたことで、腰掛けることができるようになっています。土間は冷たい印象になりがちですが、ここで家族の団欒をとる、そんな温かみのある土間空間になっています。

「末広の家」薪ストーブ・吹抜・焼杉

家の中心にあるリビングは土間になっており、玄関から土足で入ることができるようになっています。外との出入りもそのままでOKなので、一体感がうまれ、家としてのまとまりがでています。

群馬県邑楽町・土間リビングの家|A house

奥行を持たせた玄関土間は、エントランスラウンジとしていつでも来客を迎えることができます。デスクを置けば、ちょっと一人になりたいときにぴったりのプチ書斎の出来上がり。まさしく多目的に使える空間となっています。

passage


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • らせん階段のあるリビング
  • ダイニング
  • 家具のようなおもてなしのキッチン
  • シューズインクローク
  • デザイン性と使い勝手を考えられた洗面台

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問